FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

もうすぐひろの誕生日。
そして、来月は姫の誕生日だ。

毎年、ひろには誕生日プレゼントを贈っているし、
姫も辛うじて何かしらのお祝いはしてもらっている。
だから、不平不満なんて言っちゃいけないのだろうが、
誕生日のたびにちょっと面倒なことが起こる。

ひろは『誕生日』というものをそもそも
特別な日だと思っていない。
「僕の家は宿屋だったから、誕生日なんて
何も特別なことをやったことがないんだ。
誕生日ケーキなんてのもない。」

常々、ひろはそう言っていた。

でも、最初は違った。
付き合い始めて一番最初の姫の誕生日は
平日だったにも関わらず、お店を休みにしてくれた。
そんなこと、あとにも先にもこの1回きり。
そして誕生日プレゼントにはカランダッシュの
ペンをもらった。
ひろなりに考えてくれたのだということが嬉しかった。

次の年、「どうしていいのか分からない」と
頭を抱えるひろにヒントをあげたのだけれど
相変わらず決め兼ねて動かないことに腹が立った。
気持ちを示して欲しいのに、それが見えなかった。
誕生日の当日だったか、前日だったか忘れたが
姫は一人ティファニーに行き、自分にプレゼントを買った。

で、そのことをひろにメールした。
「今、ティファニーで自分に誕生日プレゼントを買いました。」
すると、ひろからの返信にはこうあった。
「バカ」

それ以降、毎年、何かしらの衝突が起こる。
去年だってそうだ。
去年は最悪な誕生日だった。

あまりに悲しくて「こんな悲しいことはない」
と抗議したら、ひろはこう言い放った。

「僕には何で君がそんなふうに思うのか分からない。
何で?やっぱり、君とは感覚がずれているんだよなぁ・・・」

「じゃあ、どうするの?」

「お別れするしかないね。」

それが去年のこと。
悲しくて悲しくてものすごく泣いた。


それ以来、ひろに対して何か癪に障ると
「ひろとは何か感覚がずれているんだよなぁ〜」
と、ひろの口調を真似て嫌味で言うことが定番になっている。

すると、ひろは笑ってこう言う。
「男と女なんだから感覚がずれていて当たり前じゃないか。」


今年の誕生日は果たしてどんなことが起こるだろうか。

ひろには何を贈ろうか。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/92-b7738c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック