FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

「今日はスッキリした顔してるね。」
ひろの顔を見て、姫が言った。

「だって・・・昨日は激しい運動したから。」
ハニカミながら答えるひろ。

「そう?そんなことあったっけ?」

「君、声が大きかった。昨日は前戯が長かったからなぁ。
またしようね!」
ランチ中、姫の胸の谷間を覗き込みながら言った。

「ヤラシイ。そんなことばっかり考えてるの?」

「そんなことばっかり考えてないよ、僕は。
大体さ、僕はそんな妄想しなくてもいつでも手に入るもん。
妄想するのは欲しくても手に入らない奴なんだ。」

「ふ〜ん。」

「何が手に入るわけ?」

「君が。」


そうか、声が大きかったのか・・・
昨日はお部屋ではなく、ひろのお店の2階にある寝床だった。
ひろのお店は街の中心部の騒がしい中にあるから、
声が大きくとも誰かに聞こえるということはない。(はずだ。)

でも・・・ひろが昨日、途中で切り上げたのは
そのせいかもしれないなと思った。
欲求不満なんだな・・・私は。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/85-95b382e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック