FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

姫日記の中で「お部屋」と表現しているものについても
改めて、記しておきます。


ちょうど2年前の5月、ひろが姫のために部屋を借りてくれた。
ひろはお店の2階のにある事務スペースを無理やり
居住空間にして日常を過ごしている。
従って、ひろとお出掛け以外で長い時間を過ごす場所は
ラブホだった。

姫はそれが嫌で嫌で、仕方がなかった。
一緒に居る時間がセックスだけのためにあるようで
そのことに耐えられなかった。

セックスするためにひろと居るんじゃない。
もっと、日常を共に過ごしたかった。
それはひろも同じ思いだったと思う。

「部屋、借りるか?」

ひろがアチコチ探して、程よい場所にワンルームを見つけ、
賃貸契約を結んでくれた。
経済的な負担は申し訳ないけれど、ラブホに何度も行くのも
そう変わらないのではないかと思う。

それに、拠点が出来たことでひろと過ごす時間も
格段に長くなった。
ちょっとした空き時間にお部屋に行くこともあるし、
お互いが来るまで、お部屋で待つこともできる。

遠くに出掛ける時は、お部屋で準備をし、
お部屋に帰ってくると、ゴロゴロしてから
お風呂に入って、バイバイする。

数か月に一度は、お部屋にお泊りにも行く。
数日間、お部屋で、姫はひろのお店が終わるのを
好き勝手なことをして待つ。
電話が掛かってくるとお迎えに行って、深夜の食事をし
二人でお部屋に戻って、眠る。
そして朝、それぞれ仕事に出掛ける。


たまに、姫一人でお昼寝をすることだってある。
これはひろに内緒だ。

ベッドとベッドサイドテーブルと、小さな冷蔵庫だけの
小さなお部屋だけれど、ひろと姫の隠れ家だ。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/77-a239e734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック