FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

そんな言い方しなくてもいいのに。


いつも、あとからそう思う。
その時は、感情を抑えるのに必死で、
冷静ではないのだろう。


Nちゃんはいつもそうだ。
いつもそう。

ああ言えばこう言う、
肯定なんてしない、
同意もしない、
皮肉で返す、

いつもそう。


つい先日のこと。
大学4年の息子が大学院の試験を受けるのに
「スーツを送って欲しい、靴も」
と連絡を寄越した。

部屋も狭いし、管理も出来ないだろうし、
何よりスーツなんて着る機会はないから、
私が預かって管理していたのだ。


スーツを送るのに段ボール箱が必要で
Nちゃんにホームセンターに寄ってもらった。

「スーツを送って、って連絡が来てさ…」

「そんなの買え、って言えばいいじゃん」

「え?だって、あるのにもったいないでしょ?
管理できないから私が預かってるだけだし。
カビはやしたりしたら困るもん」

「もうカビ生えてるかもよ」

「…そんなわけないじゃん」

「買え、って言えばいいんだよ」

「まだ2、3回しか着てないのに」

「これを機会に買えばいいじゃん」




そんな言い方しなくてもいいのに。
私はただ「送るのが面倒だ」という気持ちに
同意してさえくれれば良かったのだ。

「面倒だね」って。


彼の物言いには悪意がこもっていた。
でも、その時には、
その場をやり過ごすことに精一杯で、
「そんな言い方しなくてもいいのに」
という言葉が思いつかなかった。

その場で言わなきゃ意味がないのに。




そして、こうも言った。

「入試があるんだよ。面接がね。」

「なんの?」

「大学院の」

「大学院に入試があるんだ?」

「うん、院試」

「へぇ…大学院なんて誰でも入れるんじゃないの?」

「え…まさか…」

「就職しない奴が行くとこでしょ?
だから希望したら入れるんじゃないの?」

「誰でも入れるなんて、あるわけないでしょ」




その時も、腹立ちと、驚きで呆気に取られて、
「そんな言い方しなくてもいいのに」
とは言えなかった。

悪意に満ちている気はしなかったが、
そこに私に対する、息子に対する敬意はなかった。


興味がなければ、
「へぇ、そうなんだね」
でいいじゃないか。

「そっか、そっか」
で、いいじゃないか。



Nちゃんはそういう人。
いつも。




そんな言い方しなくてもいいのに。

その思いが降り積もって、
今のグズグズ病に拍車をかけている。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/649-1bcbd1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック