FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

時系列的に「その1」とは逆転するが、
こんなことがあった。




とうもろこしの旬の走り、
少し郊外に並ばなくてもよい、
予約のできる直売所を見つけて、
Nちゃんに教えた。

「今度行ってみようね」
半ば社交辞令的に言ったのだが、

「うん!じゃあ予約してみるよ。週末行こう!」
ということになり、一緒に行った。

9時半までに引き取りに行かねばならず、
彼がお迎えに来たのは8時半。
休日にしてはかなり早い行動開始となった。


直売所に行き、彼は半分を私にくれた。
「このあとどうする?」

「どうするも何も…まだこんな時間だし。
お昼ご飯には早過ぎでしょ。
うちに戻って、一本食べようか」
と、私の自宅に戻った。まだ午前10時過ぎだ。

採れたてのとうもろこしを一本ずつ食べ、
何をするでもなくリビングでゴロゴロした。
で、何とはなしにスイッチが入り、
まだ朝なのに濃厚モードに移った。



ショーツをはぎ取り
私の脚の間に顔を埋める彼を制止して
「…ん…ねぇ…シャワー浴びよう」
と言った。

そのままで良かったのだが、
リビングは明る過ぎる。
その明るさが、余計に卑猥で。

シャワーを浴び、寝室に行きカーテンを引く。
薄暗くなった空間はさっきとはまた違う卑猥さだ。


お互いの脚の間に顔を埋め、さっきの続き。
まだ午前中だという時間のマジックか、
いつもよりお互いが興奮している。

そのマジックで濃厚さが加速した。

「姫ちゃんヤラしいね」

「Nちゃんがするからでしょ・・・」

「気持ちいい?」

「うん、気持ちいい」

「ヤラしいねぇ」


時間をかけているからか
彼の芯はいつの間にか柔らかくなる。
それでも気持ちのスイッチは切れなかった。
切れないから、またすぐに硬さを増す。

その瞬間に私は彼に跨り、
その硬さを確かめるように彼にしがみついた。
意識を一点に集中させ、
この幸せなひと時を十二分に楽しんだ。

私が跨ったまま彼は果てたので、
彼は彼で楽しんでくれただろう。

私が上だと「めちゃラク」らしいから。


そしてそのまま二人で深い眠りについた。
まだ午前中のはずなのに。


先に私が目覚めた。
お腹が空いた・・・


ハッと彼が目を覚まし
「今、何時?」

「13時過ぎ」

本当は13時半だった。
本当のことを言うと、
彼が慌てて起きるかと思ったから。
余韻にもっともっと浸っていたい。


しばらくして起き上がり、
シャワーを浴びて身支度を整え、

「お昼ご飯食べに行こう」
と家を出た。


「もうどこもランチやってないね…」



とうもろこしのせいで
思いがけず訪れた朝の交わり。
初めての朝の交わりだった。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/644-bb12ca6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック