FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

私が住む地域では
とうもろこしが盛んに作られている。
甘い甘い品種で、この時期は郊外に行くと
あちこちにのぼりが立つ。
時期が限られているからか、
旬を逃すまいと直売所には行列ができたり、
予約で売り切れだったりと、
産地なのに簡単には手に入らない。

とうもろこしは鮮度が落ちるのが早く、
収穫後から甘みも落ちていくという。
だからこそ、大都市には
こんなに甘いとうもろこしがないのだろう。
大阪の妹に送ると、
「めちゃ甘くて、ほかのは食べられないわぁ」
と、とにかく喜ばれる。

でもって、Nちゃんはとうもろこしが大好きだ。
今月初めのことだったか、
たまたま仕事で出かけた先で
採れたてのとうもろこしが売っていたので、
4本入りを二袋買った。
少し小さめのB品だったが、自宅用なら十分だ。
Nちゃんがもし取りに来るならあげようと、
迷いつつ二袋買った。

なぜ迷うかと言うと、
「取りに来る」だけでは済まず、
晩ご飯のことを考えなくてはならない。
たった数百円のとうもろこしと引き換えに、
外食に行けば数千円を彼に使わせることになる。

かと言って、
「うちでご飯食べる?」ということにすると、
当然私が作らなきゃいけないので、面倒だ。

う~ん、どうしよう…と考えていたが、
その日の昼過ぎの彼からのメールに勢いで

「○○でとうもろこし買ったよ。
二袋買ったから欲しい?取りに来る?」
と返した。

「欲しい!」
即レスがあり、

「じゃあ、ご飯作るね。簡単なものだけど。」
と、これまた勢いで送った。

彼に美味しいとうもろこしをあげて
喜んでもらいたいのと、
彼に会えるという一石二鳥の嬉しさが、
晩ご飯を作る面倒さを上回った。

まぁ、こんなことを言えるのは、
私が一人暮らしをしているから。
なんと贅沢な思考回路か。


そして、その翌々日、
仕事上でまたまたとうもろこしをいただいた。
このとうもろこしは贈答用の立派なもの。
しかも地域で一番有名なファームのものだ。
そんなブランドとうもろこしを6本ももらった。

「◆◆のとうもろこしもらったよ!」

「でかした!」

「取りに来る?」

瞬発的に聞いてしまった。
二日前にとうもろこしを理由に
一緒に晩ご飯を食べたばかりだ。

「はぁい!」

また晩ご飯作ればいっか・・・
そう思っていたら、夕方
「晩ご飯はどうする?」とメールが来た。

「うちで作ってもいいし、どっちでも」

「食べに行こうか」
彼もそれなりに気を遣ったのかもしれない。


そんなわけで、とうもろこしを理由に
平日の夜、2回もNちゃんと会ったのだ。


なんだ、意外に簡単に会えるんだな…
言ってみるもんだ、とは思ったが、
あんまり頻繁だと
それはそれで良いことはないので、
今回ばかりは、
とうもろこしのせいだということにしておこう。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/643-27b37424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック