FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

群れることが嫌いで、
そういう付き合いの悪い私にとって、
ほぼ唯一のママ友がいる。

住まいの距離が離れてから
少し疎遠になったこともあったが、
かれこれ20年ほどの付き合いになる。

交流が復活したのは2年ほど前。
彼女に彼氏が出来たことがきっかけだった。

彼との逢瀬に私を口実にしたのだ。
私のことは彼女の子供たちも知っているから。


けれど、彼女は私が前の彼と付き合ってたことも、
Nちゃんと付き合っていることも全否定する。
要するに不倫は悪なのだ。
そうはっきり言わないまでも、折に触れ、
そういう趣旨の発言をしてきた。

そんな彼女に彼が出来た。
いや、彼ではない、いわゆるセフレだ。
酷い言い方かもしれないが、
そういう扱われ方だった。

彼女は恋する乙女に変身し、
彼からの誘いにはどんなことを差し置いても
ほいほいと出掛けた。

誘いの言葉は「やりたい」だ。

仕事中にそうLINEが来ると、
彼女は一応、迷って私に相談する。
彼女のことを尊重しつつ、
「仕事はやらなきゃね、そこはなし崩しにしたらいけないよ」と私なりに諭したが、

結局、やっぱりほいほいと出掛けた。

その彼は住宅リフォームに関わる稼業で、
ある時は、彼女の自宅のリフォームに
その彼を呼ぼうとした。

だから私は
「それはナシだよ。そこはちゃんと線を引こう」
と説得をしたけれど、

「安くやってくれるもん」と、
結局はセフレの男を自宅に上げた。


それでも、私は彼女を否定しなかったし、
諫めもしなかった。
彼女をそのことで軽蔑もしなかった。


が、彼女は私を否定する。
「いまのままでは幸せにはとてもなれないね」

Nちゃんと色々あって、距離を置こうしたあと、
Nちゃんと会ったことを知ると
「会いたくなるんだ」

いや、別れる選択をするつもりはないからね、と
告げると
「若い人みたいね」
と吐き捨てた。

私はおかしい?と問うと、
「別におかしくないよ。そういう人いるし。」
と嫌味なセリフが返ってきた。


私がこの家に引っ越しした時もそうだった。
「この辺の相場って◯万らしいよ」

そうなんだ、、

「安いとこは嫌なんだ?」

あんまり古いのも、、

「でも、それじゃ食費分余分に掛かかるね。」

要はもっと安い家賃のとこで、
つつましく暮らしたらどうなの?
ということだ。

住むのは私よ。
どうしてそこまで言われなきゃいけないのか。


そんなことが多々あった。



それで私は最後のLINEに
「私は否定されているみたいだね。
でも、私の人生だから」
送った。

既読にはなったが、
それに返信はなかった。

そんなやり取りが一週間前。


それで終わったなと思っていたが、
今日の夕方立て続けにLINEが来た。

「おつかれ」
「今日さ、、、」

他愛ない内容のようだった
通知画面でしか見ていないので詳しいことは
分からないけれど、

内容を確かめる気持ちにも、
返す気持ちにもなれずそのまま放っておいたら、

さっき、
「送信が取り消されました」と
立て続けに入った。


何とも言えない気持ちになったが、仕方ない。
これでいい。


彼女は、私の知らない彼女の友達のことを
よく批判したり、悪口を言った。
気にはしていなかったし、私はそういうことを
絶対にしない人間なので、
でも、それでも、彼女のことを尊重していた。


きっと、私の知らない友達に
私のことを言うだろう。
理解出来ない人、だと。

心配して言ってやってるのに、
怒ってる、って。




仕方ない。
袂を分かつ時だ。



でも、私はいつどんな時もあなたを尊重してきたよ。
私も尊重されたかった。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/632-0d317a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック