FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

私はいったいどうしたいのか、
どこに向かおうとしているのか。

考えれば考えるほど分からない。
分からな過ぎて、考え過ぎて吐き気がする。

Nちゃんのことは好きだ。大好きだ。
この先も一緒に居たいと思っている。 
けれど、「彼でなくてはならないのか」と 
問われたら、答えに詰まる。

そうすると、「Nちゃんじゃなくて良いじゃん」
という答えにたどり着く。
そこの堂々巡りを、
もう何回も何年も繰り返している。

だからといって、何の決断も出来ない。
彼と別れることなんて、
考えただけで恐ろしい。

けれど、それは、
孤独と天秤にかけているからそう思うのか。

もう全然分からない。
分からなくて思考が停止する。

付き合ってもう5年半ほど。
短くはない。
簡単に手放せるものじゃない。

5年半の間に多くの変化があった。
お互いの環境が変わったが、
一番は私の離婚だろう。

付き合い始めのころは、
私も彼も「既婚者」で立場は同じ。
私はいずれ近いうちに離婚するとは言ってはいたが。

でも、私の離婚の直接的なきっかけは、
元夫による子供の学資使い込みの発覚だ。

それがなければあんなに慌てて離婚しただろうか。
もしかしたら、まだ離婚していないかもしれない。
それに、私の引っ越しもなかったかもしれない。

私が離婚もせず、引っ越しもしていなければ、
立場も環境も、付き合い始めのころと
ほぼ変わらないだろう。


立場と環境がこんなに変わったせいで、
私が求めることも大きく変わった。


付き合い始めのころは、
毎週末会うというルーティンではなかったし、
平日の夜に「お茶しよう」というのも、
ほとんどNちゃんの気まぐれに任せるだけだった。

それが、今はどうか。
毎週末は一日の大半を一緒に過ごし、
平日の夜は「私の家で」晩ご飯を食べる。


会う頻度も、過ごし方も随分と変わった。

「私の家で」私が作ったご飯を食べ、
彼が片付けをする。
「私の家の」お風呂に入ることもあるし、
どこかに出掛けても、「私の家に」一緒に帰る。

以前のように、彼の車の中で
別れを惜しむこともない。

こないだは私が飼っているイモリの水槽を
洗ってもらった。
腱鞘炎が酷くてガラスの水槽を持ち上げるのが
大変だったから彼に頼んだのだ。

「お安い御用」と簡単に引き受けてくれたが、
これも「私の家」があるからできることだ。



叶ったことがこんなにたくさんあるじゃないか。




私はいったいどうしたいのか。
なにを求めて足掻いているのか。
どこに向かおうとしているのか。



とてもしんどい。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/629-4d038292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック