FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

少し前にNちゃんが言った。
「18日、イベントがあるから仕事だよ。
姫ちゃん来る?」

「えー、、何しに?」

「オレを見に!」

Nちゃんの職場で恒例のイベントらしく、
でも、それは私には全く興味のないもので…
でも、「オレを見に!」と言ってくれたのが
嬉しくて、すぐに友達を誘った。

どちらかというと男性ばかりのイベントだろうし、
女一人で行くのは到底考えられなかった。
なので、まぁ、せめて二人なら、
その場の雰囲気にも耐えられるかと思ったのだ。

お互いの秘密を共有し合う友達。
私の誘いに即答して快諾してくれた。
「行こ行こ!」と。


イベント前日、私のグズグズでNちゃんとの
雲行きが怪しくなり、私は、直前まで、
行くのを躊躇っていた。
「行くって言ってるんだから、行かなきゃダメ」
と、友人に背中を押され、会場に向かった。

どこにいるんだろう…とキョロキョロしていると、
あ!いた!
私を見つけてくれた様子の彼が見えた。

私にとっては完全アウェイなのもあって、
一気に恥ずかしさが込み上げてきた。

前日、あんなに、グズグズしてたのに。
そんなことは一瞬でチャラになった。

Nちゃんの元に歩み寄って、すぐ友人を紹介した。

「はじめまして」
彼は被っていた帽子を取り、丁寧にお辞儀をした。

「ねぇ、ねぇ、何見たらいい?」
そう尋ねて、彼にアドバイスを求めた。

一通り巡って、再びNちゃんの元へ行き、
他愛ない話をした。

すると、Nちゃんは、私の髪に何かが付いていると
指摘しながら、私の髪を触った。
たくさんの人のいる前で。
友人のいる前で。

私は、内心ドキドキしたが、
そのことは1ミリも表に出さず、会話を続けた。

客観的にそれがどう映るか。
特別な関係だということは誰にでも分かるはずだ。

それでも、尚、Nちゃんがそうしたのは、
「オレの女だぞ」というアピールか。


Nちゃんは私に対して、躊躇なく愛情表現をする。
後ろから覆い被さってきたり、
横に並んで歩いていると、ギューっと
肩を抱き寄せてきたり、
階段の踊り場で急に振り向いてハグをしてきたり、
でも、それは、二人だけの時。


こんな誇示するような行動は初めてだった。
しかも、Nちゃんの職場で、だ。


気恥ずかしいような、くすぐったいような、
そんな感覚。

まぁ、オジさんとオバさんのこんな光景、
誰も気に留めないだろうけれど。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/612-648202ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック