FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

先週、付き合って3年の記念にと、
Nちゃんと晩ご飯を食べた。
”肉を食べたい”というNちゃんの要望に合わせて、
少し前にオープンしたアメリカンダイニング。
肉々しいハンバーガーやステーキ、
フライドポテト…ハイカロリーの食事。

いつも、デートをする時の支払いは全てNちゃん。
そのことは常々、心苦しく思っていて、
チャンスがあれば、私が…と考えていた。

付き合い始めたころから、
Nちゃんが支払うことが当たり前で…
そもそも、Nちゃんが
どう考えているか分からないけれど。

割り勘することがどうも私にはできない。
支払ってもらって当たり前だとは、
決して思ってはいない。
思ってはいないが、
デートというシチュエーションで、
「私が払う」なり、「割り勘ね」というのが、
ちょっと”違う”と感じるのだ。

これは賛否両論あるだろうが、
単に、”奢られ慣れ”をしているわけでもない。

でも、常々心苦しいと思っていたし、
ほんの少し前にも夕食一緒にした
タイミングでもあったので、
「ここは私が」と、切り出そうと考えていた。

食事を終え、伝票を持って立ち上がった
Nちゃんを制して
「今日は私が払うね」と、会計をした。

「ご馳走さま」と、Nちゃんは
シンプルに言い、帰宅後のメールにも
「今日はご馳走さまでした。」とあった。

それが先週の火曜日のこと。

それから、私のバイオリズムが低下し始め、
毎晩、グズグズを言った。
「さみしい…」と。
「『仕方ない』と思うことが余計にさみしい」と。

仕方がないのに…

水曜日、木曜日と過ぎ、
バイオリズム低下のまま、金曜日を迎えた。
金曜日は週末ということもあって、
めちゃくちゃ忙しく、昼食をとる間もなかった。

18時を過ぎ、いつものように
Nちゃんから「仕事終わって、今から帰るね」
メールが届いた。

十数分して「ただいま」のメールのあとに、
こうあった。
「今夜、一緒に晩ご飯食べない?」

一瞬目を疑った・・・

翌日の土曜日にはデートをする約束をしている。
それがキャンセルになるのだろうか?

意図が分からないまま、
「どうしたの?」と返すと、

「こないだご馳走になったから」
と返ってきた。

「えーっ。いつもいつもいつも、
Nちゃんに支払ってもらってばかりだから、
だからなのに…」


真意がつかめないまま、
私のオフィスにお迎えに来てもらい、食事をした。
平日の夜の食事を、週に2回も。

「ご馳走してもらったから」って…
私が支払った意味ないじゃん!!


そう思う一方で、
これは何かのエクスキューズか?
明日のデートはなくなるのか?
何かあったのか?
といぶかしく思ったが、どうやら、何もなく。

食事をし、喫茶店でコーヒーを飲んで、
22時過ぎ、バイバイをした。
「Nちゃん、ありがとう。嬉しかった。」


Nちゃんは、私の頬を片手で包んで
抱き寄せながら、優しくこう言った。

「これで、少しは寂しくなくなった?」


そうか…
私が毎晩グズグズ言ってたからか。

Nちゃんの優しさが心に痛かった。

(もうグズグズするのは止めよう、
そう思うのに、止められない)

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/605-7c4272f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック