FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

Nちゃんは優しい人だ。
私には到底真似ができない優しさを持っている。

私のように意地を張ることもないし、
計算することもなく、
ただ真っ直ぐにその優しさを私に向ける。

そんなNちゃんが私は大好きだ。


先週、彼は出張で月曜日から木曜日まで
不在だった。

先週の土曜日、デートの時、
おもむろに彼は言った。
「俺、月曜日から出張。言ったっけ?」

「ううん、聞いてない。初耳。」

いつもそうだ。
教えてくれるのはいつも直前。
聞いたからと言って、何というわけではないが、
それでも、こちらに不在であることを教えるのは、
私は当たり前だと思っている。
だって、急に逢いたいと思っても
逢えないんだから。


そう、前にも話したつもりだったのに。

「いつ帰ってくるの?」

「木曜日の夜。」

「ふーん、、、」


話はそれで終わった。
彼が出張するからと言って、特段、
私には影響がないのだから。
あるとしたら、平日の夜、逢いたくても
逢えない、というだけのこと。
それだけのこと。


釈然としない気持ちは、心にしまった。



そして、出張中。
Nちゃんからは毎晩電話がかかってきた。
声をひそめる理由もないからか、
ただ遠いところにいる寂しさを埋めるためだけ
だからから、毎晩、電話があった。

水曜日の電話で、Nちゃんはこう言った。

「あ、俺、土曜日に富士山登ってくる。」

唐突に何気なく言ったので、
ひょっとして仕事かと思い、尋ねた。

「どうして?」

「部下が登るって言うから、一緒に登ろうって
話になったの。息子も連れて行こうかと思って。」

「そうなんだ…土曜日、◯◯に行きたかったのに」

「土曜日だっけ?日曜日に行けばいいじゃん」

「だって、土曜日にしか見れないもん」

「そっか、、また来るでしょ。」

私が見に行きたかったのは、特別な船の寄港。
数年ぶりに来るというので、しばらく前に、
「一緒にいこ!」と、彼に話していた。

それを忘れていたのは、仕方がない。
でも…
富士山の予定は急に決めたわけではないだろう。
何日も前から話が上がっていたはずだ。

それを、突然、
「俺、行くから」って。

話が上がった時点で、どうして私に言って
くれないのか。


そんな想いがフツフツと湧いてきて、
その日はローテンションのまま、電話を切った。
Nちゃんには、何も言わなかった。


翌日、私の家庭の中で、頭に来ることがあり、
怒りと苛立ちで、気持ちが昂ぶっていたところ、
Nちゃんから、「新幹線乗ったよ」だの、
「混んでて座れない」だの、呑気なメールが来た。


私の怒りと苛立ちは、Nちゃんに向けるべきでは
なかったけれど、つい、怒りに任せて、
吐き出した。


「すごく腹が立つことがありました。
いま、沸騰中です。
Nちゃんに頼りたいのに、頼れない。
そばに居てくれたらと思えば思うほど、
Nちゃんは遠い。

出張の予定も、富士山も、私はほんの
直前にしか知ることができない。
Nちゃんは遠い人。

悲しくて、辛い。
余裕がないから、一人にして。」


そんなメールを送ってしまった。



当然、彼から返事はない。
「一人にして」と言ったのだから。

随分、ひどい言い方をしてしまったが、
私は苛立っていた。

出張から帰って、
「お疲れさまでした」も言ってあげられなかった。


夜中に「おやすみなさい」と
遠慮がちなメールが届いたけれど、
何も返さなかったし、翌朝の
「おはよう。仕事頑張ってね」にも返さなかった。


金曜日の夜、
「気をつけて行ってらっしゃい。
無事に帰ってきてね」とメールをすると、

数時間して、
「明日は悪天候なので延期にしました」と
硬い返事がきた。

私は「そうでしたか」と送ったけれど、
それにも、
その後の「おやすみなさい」にも、
Nちゃんからの返信はなかった。


土曜日の朝、
10時を過ぎて、「おはよう」とメールした。

しばらくして「おはよう」と返事。


そっか、「おはよう」だけか。


きっと、Nちゃんは怒っているに違いない。
呆れているに違いない…

後悔は先に立たずだ。
酷い言い方をした私が悪い。
もっと、別の言い方をすれば良かった。
彼がくれたメールに返事をすればよかった。


あぁ、このまま、もう終わってしまうのか、
もうあの楽しい時間を過ごすことは出来ないのか、

自業自得か…


そう思っていると、電話が鳴った。

「姫ちゃん、体調はどう?」

「うん…まぁまぁ」

「◯◯に行こうか。」

「今から?」

「うん。11時くらいにそっちに行けるから。
支度できる?」

「うん。…ありがとう、Nちゃん」

「じゃあ、あとでね」



そして、Nちゃんは、
私が行きたいと言った◯◯に連れて行ってくれた。



私は思った。
この人はなんて優しいのだろう、
こんなに底のない優しさを持った人を
私は他に知らない。



だから、何度も、何度も、
ありがとう、と言った。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/597-89a2fc9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック