FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

随分長く更新していなかった…
忙しくもあったし、心の余裕もなかった。
時々覗いてくださった方、ありがとうございます。


何から記していこうか…
迷っている内にまた時間が経過した。


まず、ご報告。
私はこの春、晴れて独身となった。

そして、長男は一年浪人の末、何とかかんとか、
国立後期に合格し、大学生となって、
今は北陸にいる。
次男は県立の農林大学に進学し、
寮生活を送ってはいるが、すぐ近所なので、
週末は帰って来てくれる。

というわけで、
私と息子たちは、それぞれの春を迎えた。


離婚は何年も前、いや十年近く前から
決めていたことなので、予定通りではあるけれど、
その結末が悲惨なものだった。

…なんと、なんと、
息子たちの大学進学のためにと、私がコツコツと
積み立てしていた300万超の貯金を、
「元夫」は使い込んでいた。



そのことが発覚したのが、3月はじめ。
発覚したその日に
「離婚しましょう」と即決した。

長男の後期試験が終わったその夜、
リビングのテーブルを囲み、「元夫」から
子供たちに、「実は、、、、」と話をさせた。



あるはずの学資が、
消えていることが分かったその日は、
私は猛り狂う感情をぶつけた。
でも、それもやがて、
「私にも責任の一端はあるのだ」と、
どうにか感情を収めて、前を向いた。

激しい感情で取り乱している暇なんてなかった。
その時、長男は、国立後期で合格しなければ、
既に合格していた私立に行くことになったからだ。

私立に進学した場合の最大の学費を想定し、
向こう4年間にどれだけのお金が必要なのか、
毎日、私は細かく算出した。


3月下旬に入り、長男が合格してからは、
もう目の回る忙しさだった。
入学の手続き、住まい探し、買い物…
毎日毎日、深夜まで書類とにらめっこし、
必要なモノとコトを書き留めて準備する。

全部、全部、一人でやった。

北陸への引越しもレンタカーを借りて、
私が荷物を運んだ。



目の回るような忙しさの中、離婚届を提出した。

ただし、私の住まいは変わらない。
「元夫」も階下にいる。

「子供たちの学費は私がなんとかします。
その代わり、私は家を出ません。出られません。
問題ありますか?」



親権は私が持ち、
私の新しい戸籍に子供たちを入れる手続きをする。
来週にでも、家庭裁判所から許可がおりるだろう。


そういうわけで、バタバタと決着がついたが、
私の気持ちには一点の曇りもない。
むしろ、こんな結末を迎えて、何もかもが
私に有利に働いたような気がする。

だって、「元夫」に私を責める理由は
もう何もないんだから。






そうそう、Nちゃんは、
変わらずそんな私を支え、寄り添ってくれている。
これから、どうなるかは分からないけれど、
彼の存在に心から感謝している今日この頃だ。
スポンサーサイト



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/17(月) 20:57:32 | | # [ 編集 ]
鍵コメさんへ
コメントありがとうございます!
こちらこそ、ご無沙汰しちゃいました。

> 息子さんたちの大学合格
> おめでとうございます。

ありがとう^_^
二人一気に居なくなって、ホッとしています。


> 子どもたちの将来への投資金を使い込むなんて
> 他人の私でも怒りで震えます。

そうでしょ……
ほんと、腹わたが煮えくり返るって、
このことなんだ、って思いました。
けど、怒り狂っているばかりでは、
何も解決しませんからね。


> donnaさん、本当によくお一人で切り抜けましたね。

ありがとう(T_T)
そうでしょ、そうでしょ…
強くないと、心中ものでしたよ。


私が何とか切り抜けたこと、
子供たちはしっかり見ていると思うので、
だから、力になってくれていると思います。

今も、何だかんだと、頼ってくれていますしね。
それが、せめてもの救いです。


また、記事更新しますね!
2017/04/17(月) 22:48:57 | URL | donna #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/579-70dc8f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック