FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

先日から、何だか、痕跡に出会うことが多くて。
まぁ、私からそこを訪ねているのかもしれないが。


今日、オフィス近くにある蕎麦屋に行った。
ランチタイム、一人で。
とてもオシャレで、カフェのようなお店N。
そのマスター夫婦は美大出身で、
アートに深いこだわりがある。素敵なお店だ。

ひろとは、ここに何度来ただろう。昼も夜も。
一杯やりながら蕎麦も楽しめるので、
夜遅くまでやっている。

ひろと離れてから、何となく行きにくくなり、
随分と訪れていなかった。

今日は、どうしても蕎麦を食べたくなって、
思い立って、一人で行ったのだ。
午後1時を回っても、混んだ店内。
案内されたのはカウンターの一番奥の席だった。
食べ終えたころ、カウンターの向こうから
「お久しぶりです」と声を掛けられた。

「あ、すみません、すっかりご無沙汰しています。
ご馳走様です。美味しかった~」

「最近は○○さんと一緒じゃないんですか?」

「あぁ…そうですね。一緒じゃないですね。」

そのマスターは、ひろとも懇意にしていた。
同じ街で飲食店を経営しているヨシミだろう。

「そうなんですか…
○○さん、大きな病気されたじゃないですか、
でも、こないだ見掛けて久しぶりに挨拶したら
元気そうでした。」

「そうなんですね…それは良かった。」



まぁ、当たり障りのない会話を交わした。
マスターは私とひろの関係を
どう見ていたか分からない。
でも、単なる”知人”ではないと思っていたはず。

頻繁に二人で行っていたお店に、
突然来なくなった…何年もして、女が一人。
あんなに親しかったふうなのに、今は無関心。
そのことをどう感じたか知りようもないが、
何だかバツが悪くて、
「また来ますね~!」と、店を出た。


店を出ながら、少し前のことを思い出した。


先月だったか
「お昼ごはん食べよう。Mに行こう。」
と、Nちゃんが提案したお店は、
地元のお肉屋さんのレストラン。
肉が食べたい!と私が言っていたものだから、
「いや、そこは…」
と拒否することもできなかった。

Mの若旦那とは、長らく親しくしていた。
ひろのお店に時々ヘルプに来ていたり、
お店が終わった後に、一緒に飲んだり、
ひろと若旦那のお店にランチに行ったり。
若旦那との関わりは、ひろの関わりでもあった。

Mに足を踏み入れるのは何年振りだろう。

Nちゃんの後についてお店に入ると、
若旦那がいた。
一瞬、私を識別して素知らぬふりをしたのは、
”見なかったことにしたほうがいから”
のような気がした。

でも、私は「ひさしぶり…」と、声を発した。

「ひさしぶり~」

「元気?」

「まぁね。変わりなく、あそこにいるの?」
私のオフィスの方向を指さして若旦那が言う。

「うん。相変わらず…」

バツの悪い、よそよそしい会話をして、
席に着いた。
Nちゃんは怪訝に思ったろう。

「昔、よく来たから。」

「姫ちゃんのことよく覚えてたね。」

「お客っていうより、なんて言うか、
う~ん、”飲み友”みたいな。仲良しだったから。」

「そうなんだね。」


Nちゃんはそれ以上 、何も聞かなかったし、
私も何も言わなかった。
説明のしようもなかったし。
やましいことは何もないし。


痕跡があそこにも、ここにも。
ひろを見掛けることは全然なくなったけれど。






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/578-4f89e35f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック