FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

こんがらがって、縛り付けられて、
ひとりでもがいている状態。
一つずつ、少しずつほどいていけば
私はシンプルな状態になるのだろうか。

なんで、こんな複雑なことになったんだろう。

私の安息場所はどこ?
疲れちゃったな…




今、長男は予備校生。
彼は彼なりに考えてはいるのだろうが、
私は言いたいことも言えずに苦悩するばかり。

だいたいさ…
あなたの考えが足りないせいで、
あなたの努力が足りないせいで、
予備校生になったんでしょうが!

私がちょっとでも苦言を言うと、
「うぜぇ」

そりゃ、誰かに言われたくないでしょう。
自分で一 番わかっていることだもの。
あなただってストレスがたまっているんでしょう。


でもね、
ママだって相当なストレスを感じているのよ。

「あのさぁ、ママは色々思うことあるのかも
しれないけど、これってさ、オレのことだよね。
ママのことじゃなく。」


…いや、確かに、そうだろう。
でもな!あなたの思慮が足りないから、
お金を出しているんですよ。

送り迎えのために、時間を消費しているのよ。


最終的には、私が何を言っても、
何を思っても、彼次第なんだから、
腹をくくろうと覚悟を決めても決めきれない。
そんな私が甘いのだが、もうしんどいよ。




それに加えて…


私は、子供たちの進路が決まれば、
家を出ることになっている。
さてどうするか…



仕事だって、そう。
今の仕事をして10年。色々状況も変わり、
私のモチベーションが続かない。

背に腹は代えられない、と、
何とかかんとか踏ん張ってきたが、
たびたび消化不良を引き起こす。

だからと言って、
今あるものを捨てて、新しい扉を開くことも
出来ない。そんな勇気もない。


何とかしなきゃ、何とかしなきゃ…



そんながんじがらめが
私をどんどん追い込む。
抜け出 したいともがくほど、深みにはまる。



そのストレスが、つい、Nちゃんにも向く。
全部を受け止めて欲しいと思いながらも、
そんな重荷を負わせるのは、筋違いかとも思う。

それで、またがんじがらめとなって、
訳が分からないストレスとなって、
Nちゃんに向かう。


どこまでを彼にぶつけて、
どこからは自分で処理すればいいのか、
それが分からなくて、
それで一人で吐きそうになる。
深いため息と涙が出て、立ち止まる。


前に進みたいのに。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/577-fe046d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック