FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

昨日、Nちゃんとレイトショーに行った。
「君の名は。」を観るために。

数年前に話題になった「言の葉の庭」を
Huluで観て、新海誠を知った。
切ないような、儚いような・・・
そんな世界観に惹かれ、
「君の名は。」を予告編で観た時から、
絶対観に行こう!と決めていた。


10日ほど前、ささいなことで、
私はNちゃんに対して立腹した。
”ごめんね”と、低姿勢の彼に対して、
私はいつものようにグイグイと迫った。
迫りながらも、
こんな私をいつまでもなだめて
放り投げない彼を、有難いなと思った。

ここで収めなきゃ…
そう思って「じゃあ、私のお願い聞いてくれる?」
と切り出し、
「来週の平日の夜に、一緒に映画に行きたい」
と提案したのだ。

少し前「君の名は。」のことを話していたからか、
彼からはすぐに「『君の名は。』?」とあり、
「お安い御用(^^)」と返ってきた。


そして昨夜、観に行った。

切ないような、儚いような、
甘酸っぱい気持ちを、Nちゃんのそばで
味わいたかった。
私はNちゃんと一緒にいる、ということを
実感したかった。どうしても。


Nちゃんの左手は ずっと私の太腿に置かれ、
私もその左腕をずっと抱えていた。
時々、指先が触れ合って、その指を彼が
強く握るたび、私も握り返した。


映画を観ている間、私は何もかも忘れた。
仕事のことも、8月の疲れも、何もかも。
ただ、Nちゃんと一緒にいる、今、
彼に触れているということだけを感じながら、
それだけを感じながら、「君の名は。」を観た。

「君の名は。」は、そういう映画だった。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/570-96d9fab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック