FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

(ものすごく長文になります。)


夏休みなんか要らない。
Nちゃんが私の手の届かない人になる
夏休みなんか、全然要らない!
夏休みなんか無くなってしまえ!


去年の夏休みも同じように思った。
でも、去年より幾分マシなのは、
私と彼の関係が少しだけ深まって、
私が彼に
「Nちゃんの夏休みは?」と
予定を尋ねることが出来たからだろう。

去年は、何も言ってくれない彼に
「夏休みの予定は聞かないでくれ」
と無言で制止されているような気がして、
モヤモヤしたまま、何も聞けずにいた 。

それは、結局、ただの取り越し苦労だったが。

それでも、今年の夏休みについて、
私は彼からちゃんと伝えてほしかった。
それで、夏休みのほんの一日でも、
私に与えて欲しかった。

なのに、Nちゃんは何も言ってくれず、
先週、私は尋ねた。

「Nちゃんの夏休みは?」

「来週月曜日からだよ。」

「来週いっぱい?」

「そう。」

「そっか・・・。
Nちゃん、そのこと私に伝えるべきことだと思う。
私は聞きたかった。それで、私に夏休みの一日を
与えて欲しかった。大事なことだと思う。」

「ゴメン・・・言ったつもりだったけど、
ちゃんと伝わってなかったんだね。」



よく言うよ・・・何も、聞いてない。
ほんの一言も話題にすら上ってないのに。
何を”言ったつもり”なんだろう。


「どこかに行くの?」と尋ねた私に彼は
「子供たちをどこかに連れて行こうと思うけど」
と、答えた。
特に旅行や帰省の予定はないようだ。


だから「じゃあ、私に時間を作って」
と、お願いし、「分かったよ」の言葉をもらった。


そして予定をやりくりし、昨日の夜、
Nちゃんとデートをした。
2回目の晩ご飯デートだ。

「何を食べたい?」
と聞かれて、私はいくつかのリクエストをした。
それで、前日、スペイン料理のお店に決めた。

「夏休みだから、楽しいことしたい!」と
お願いもした。
晩ご飯を食べて、じゃあね、は嫌だから。

「楽しいこと?」と、問う彼に、
「例えば、◎◎の花火大会とか、
〇〇の海岸で花火とか!」と提案した。

「◎◎は遠いよ(>_<)〇〇で花火だな!」

◎◎は確かに遠いが、1時間半もあれば
十分行ける。
花火大会なんて、こんなことでもないと
行けないんだから・・・
そう思って、私は不服だった。



こんなやりとりをしたので、
私はスペイン料理のお店に行き、そのあと、
海岸で花火をするつもりで満々だった。
大の大人が花火なんて、幼稚かもしれないが、
それはそれで、きっと楽しいに違いない。
私はそう思っていた。


なのに・・・・・・
まずは初っ端からつまづいた。


待ち合わせは19時。
その時間に合わせて、私は自宅で
夕飯の支度を急いでいた。
18時17分、電話が鳴る。

「姫ちゃん、今どこ?」

「家だよ。」

「そうなんだ。オレは今、出たよ。」

「そうなの?すぐ出るね。」

自宅から待ち合わせ場所まで余裕をみて30分。
18時30分に家を出ようと思っていた。
慌ただしく、車に飛び乗った。

到着したのは18時45分。
「お待たせ。19時って言ったから・・・
そんな急に。」

「オールモスト19時じゃん。」
彼は屈託がなかった。

そこで、たぶん、カチンと、
私の最初の音が鳴った。
”急がせてごめんね”じゃないの?と。



「どうする?」

「え?!」

「□□と△△、どっちがいい?」


え??スペイン料理に決めたよね?
何で?
そこで2回目の音が鳴った。
”じゃあ、聞くなよ”と。


私の顔色を察知したのか、彼が言った。
「〇〇(スペイン料理)でもいいんだけどさ、
パエリア出てくるのめっちゃ時間掛かるんだよね。
前に行ったとき、えらいめにあって。
次は時間を指定して来てくださいって言われたん だよね。」


3回目の音が鳴った。
”じゃあ、予約してよ”と。


「そうなんだ・・・じゃあ、□□で。」

□□に向かう道中、Nちゃんが言った。
「店あいてるかなぁ?平日だから大丈夫かなぁ。」

「え?まさか、休みとか調べてないとか?」

「誰に言ってるの?営業してるとか、
オレがまさかチェックしていないとでも?
混んでて席があるかなぁ、ってこと。」


4回目の音が鳴った。
”誰に言ってるの、だと?何それ?
大丈夫安心して、お店は営業しているから。
ちゃんと調べ済みだよ。”でしょ。


これは、ちゃんと声に出した。
「ひどい言い方。そうじゃないでしょ?
”安心して、今日開いてるから。混んでないかな、
って思ったんだよ”って、言えばいいじゃないの」



彼のチョイスしたお店は、雰囲気も料理も
悪くなく、それなりに楽しい時間を過ごし、
そしてお店を出た。


「姫ちゃん、どうする?どうしたい?」

「え?楽しいこと、って言ったよね。
考えてないの?」

「考えたよ。」

「何?」

「思いつかなかった。花火したいんでしょ?
買ってきた?」


ここで5回目の音が鳴った。
”は?そんな言い方することないよね。
一緒に買いに行けばいいことでしょ。”


「いや・・・買ってないけど・・・」

「そうなの?」

「・・・別にいいんだよ・・・・」


そして、そのあと、ドラッグストアに
花火を調達しには行ったけれど、
手ごろなものがなく、結局、断念。


私の夏の独り相撲がはかなくも終わった。


「どうする?」Nちゃんが言う。


”どうする、って・・・私は提案したよ。
いっぱいリクエストしたよ。考えたよ。”


「じゃあ、ドライブして、お茶飲みにいこ。」
精一杯の気力を振り絞って、そう言った。





私はそもそも、
Nちゃんに期待し過ぎなんだろうな。
きっと、そうだ。



・・・それでも、Nちゃんのあまりにトゲっとした
言い方に私の心の中で、何度もカチン、コチンと
音が鳴った。








スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/566-43aba227
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック