FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

Nちゃんの誕生日。
私のお気に入りの中華レストランの
ランチを予約しておいた。

お昼前に待ち合わせをし、すぐに
プレゼントを渡した。
その場で開け、中身を確認する。

耳かきと、孫の手と、ルーペ付爪切り。
「お、チタン!」
リクエストのあった耳かきは、和釘の職人が
手造りでつくるもので、桐の箱に入ったもの。
鉄とチタンがあったが、少しお高いチタンにした。

同じくリクエストのあった孫の手。
「すっごく良いらしいよ。大江戸温泉物語でも
人気らしい。」
「へぇ~」

「で、これは?」
「それは、おまけ。」

ゴソゴソと開けて、レンズを発見。
「なに?」
「足の爪切るの大変だって言ってたから。」
「オレが?」
「そう、オレが。手の爪は無印のを
使えばいいんだけど、足の爪はこれを。」

Nちゃんは無印良品の爪切りを
いたく気に入っている。

「ほら、拡大すれば、難なく切れるでしょ。」

「ありがとう、姫ちゃん。」

そして、最後にカードを開いて目を通した。
そんな私を前にして読まなくても・・・
と思ったが、彼はいつもそう。
「・・・ありがとう、姫ちゃん。」
Nちゃんは私をハグした。


レストランに移動して、車を止めると、
Nちゃんが怪訝な顔をした。
「どうしたの?」
「ブレーキの警告灯がついた」
「そうなの?大丈夫?」
「分かんない」

ゆっくりと食事を終えて、
車に戻って、エンジンをかけると、
やっぱり警告灯が点いたままのよう。
「う~ん・・・」
「車屋さん、行ったら?」

Nちゃんはゴルフに乗っていて、
ディーラーはそこからすぐの場所にあった。
ブレーキの警告灯だし、彼も不安なことだろう。
どうしても出掛けたい場所があったわけでなく、
私はディーラーに行くことを勧めた。

「いい?」
「いいよ~」

綺麗なショールームでアイスコーヒーを
飲みながら待った。
Nちゃんと居られるのならば、どんなところだって
どんなことをしていたって楽しい。

他愛ない世間話をしながら待つことしばし。
1時間以上待っただろうか。
「時間かかるなぁ。何だろ?」
「そうだね・・・」

ようやくスタッフが説明に来ると、
手には概算見積と書かれた書類。
ん?

結局、警告灯はシステムのエラーとかではなく、
故障、つまり部品交換、修理ということだった。
しかも、概算見積の金額はおよそ40万。
「まじか!う~ん・・・」


ブレーキ自体には問題はないということで、
検討することになり、ディーラーを後にした。

「やれやれ、スゲー誕生日プレゼントだな・・・」
「たしかに・・・超高いね。」
「ぼったくりだろ。50万コースじゃん・・・
まだ買い替えるには忍びないし・・・」

「優しくしてあげてないんじゃないの?
私の扱いが日に日に雑になるみたいに。
最初だけでさ、優しいのは」

「そんなことないよ~。ヨシヨシ。」
そう言って、Nちゃんはハンドルを撫でた。

「絶対、気分を悪くしてるんだよ。
で、買い替えるとか言っちゃうから・・・」

車検は2回、5年を過ぎたところだ。


「姫ちゃん、どうする、どこ行く?」
時刻は3時。
今から出掛けるには、ちょっと時間がなさ過ぎる。

「う~ん・・・こんな時間だしね。」
「ごめんね、姫ちゃん。」
「ううん、全然!Nちゃんの誕生日だし、
Nちゃんが行きたいところに行っていいよ。」

「ほんと?じゃあ・・・」
そして、向かったのは、タイヤ屋さん。
少し前に「もうツルツルなんだよね」と
言っていた。

Nちゃんと一緒に居られるのならば、
何をしていてもいい。
彼の腰に手を当てながら、くっついて回った。
求めるサイズの在庫がなく、オーダーをして店を出た。

そして、再び車を走らせて向かったのは、
別の欧州車のディーラー。
「え?」
「気になるから来てみただけ。
買い替えるわけじゃないからね。」
ゴルフに言い聞かせるように、ハンドルを再び撫でた。

「あぁあ・・・可哀想・・・」



ショールームで嬉々としてピカピカの車を
物色するNちゃん。
営業マンのプッシュをかわし 、車に戻った。

「あぁあ、ゴルフちゃんかくんか分かんないけど、
可哀想すぎる・・・・」
私が泣きまねをすると、

「見ただけだって!そんなんじゃないからね。」
ハンドルを撫でる彼。

「あぁあ、やっぱり最初だけなんだよね・・・」

「そんなことないよ。今もずっと大好きだし、
一番だよ。タイヤも買ったし!」






まぁ、そういうわけで、Nちゃんの誕生日は
デートらしいデートではなかったけれど、
そんなふつうの一日も、嬉しく、楽しいものだった。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/551-d1e807d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック