FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

(2012年6月4日付の記事)

土曜日の夜、ひろから電話はなかった。
お店が忙しかったんだろう。グッタリしているんだろう。
だから姫もひろに電話もメールもしなかった。

日曜日には会える、何となくそう感じていたから。

日曜日の朝、のんびり起きて洋服を選び、お化粧をした。
いつ、ひろから電話が掛かってきても良いように。

11時半、そろそろかなぁと思ったのに連絡はなかった。
会えないなら、ひろからは必ず連絡が入るはずだ。
”今日は忙しい。”とか”予定が入った。”とか。

なのに、何の連絡もなかった。
不安に思いながら、正午過ぎ意を決してメールした。
”ひろから連絡があるかなぁと思いながら
お化粧をしていました。
今日は忙しいのかな・・・じゃあ、またね。”
姫なりに言葉を選んで送った。

10分経っても、15分経っても、電話もメールもなかった。
自転車で遠出してるのだろうか、
それとも携帯を紛失しちゃったり、
不測の事態なのだろうか・・・
考えれば考えるほど不安がよぎる。

午後1時前、電話をした。
一瞬、繋がった直後に切れた。
再び掛けるとマナーモードに変わる。

すでに頭はパニックだった。作為的だったからだ。
確実にひろが操作している。

数十分後、もう一度メールした。
何か取り込み中なのかもしれない。
それなら簡単な返事がくるだろう。

”何かありましたか?どうしたの?
とても不安です。連絡して。”

けれども返事はない。
動悸が激しくなり、手が震えてきた。
もう一度電話をしてみてもマナーモードのまま。

しばらく色々考えた。
姫はひろに対して何か気に障るようなことをしただろうか。
ひろに避けられるようなことをしただろうか。
考えてみても何も心当たりはなかった。
金曜日、ひろはあんなにも優しかった。
昨日、恥ずかしそうに電話してくれた。何も思い当たることはない。

もう一度メールする。
”何があったの?ただ電話に出られないだけ?
お願い、電話して”
すでに、姫の心は引きちぎられそうだった。

けれども、その後も何の連絡もなかった。

夕方、電話を掛けてみるとマナーモードではなく、
電源が切られていることを伝えるメッセージに変わっていた。

衝撃的だった。
姫の電話にだけ出ないのかもしれないと、
他の番号からも試したけれど、結果は同じ。


数時間、胸が張り裂ける思いで過ごした。
過ごしながら、何故なんだろうと考えた。

「電源が入っていないか電波の・・・」機械的なメッセージを
何度も聞くために、何度も何度も電話をした。

そして午後9時を過ぎ、もう一度メールをした。
”何かあったの?とてもとても心配です。
ただお出掛けしているだけならいいのだけど。
メールを見たら、いつでもいいから電話してきてください。”

姫に「行かないで」と言われるのが面倒だから
何も言わずに遊びに出掛けたんだろうか。
それとも、姫を突然嫌いになったのだろうか。

もう、何もかも分からなくて、
何度も何度もメッセージを聞いた。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/55-1ad68ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック