FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

ついさっき、Nちゃんとバイバイして帰宅した。
幸せで、素敵なひと時だった。
心と身体がジーンと痺れるくらい、
満ち足りたひと時だった。


Nちゃんの左手はずっと私の右の太ももに
乗せられ、私はその手を、腕をずっと
抱くように触っていた。2時間ずっと。

今、ここにある幸せ。
今、触れることのできる幸せ。
そんな確かな幸せを感じて、私は彼の腕を触った。

スクリーンの光に照らされたNちゃんの横顔。
誰よりも素敵で、愛おしく、
その横顔をじっと見つめて、私は口角を上げた。
Nちゃんを見ると自然に笑みがこぼれる。


この時間だけは、私のもの。
Nちゃんは私のもの。
Nちゃんを見つめる私に気付いて、
彼はニコリと笑った。
「なあに?」とでも言いたげに。



映画が終わると大きなアクビをひとつ、ふたつ。
目を閉じたNちゃんの頬を手で包むと、
安心したように私に身体を預けた。


このまま一緒に眠れたら、どんなにいいだろう。
このまま寝かせてあげられたら…

「眠そう…2秒で眠れそうだね。」

「ううん、1.5秒で眠れる」

エンドロールのなか、私は彼にキスをした。



私はNちゃんが大好きだ。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/544-1078fc15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック