FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

Nちゃんを怒らせてしまった。
いや、”怒らせた”という表現を使うと、
私に100%非があるように思えるので、
何だか、癪に障るが。


先週末のこと。


Nちゃんとは土日のどちらかに逢う。
といっても、ほんの半日だが。
(しつこい、か。)

いつもなら正午、あるいは12時半、
またあるいは11時半という待ち合わせ時間なのに、
その日の朝、届いたメールにはこうあった。
「姫ちゃん、今日は1330に○○でいい?」


あぁ、そんな時間に待ち合わせると、
どこにも行 けないじゃん。
どこにも行けない…
そう思って、
「え~!!遅いなぁ…」と送った。


ガッカリした気持ちと、腹立たしい気持ちで、
けれども深い意味もなく、こう返した。

「べつに今日じゃなくてもいいんだけどね。
後回しにされるくらいなら。」


そもそも、その日に、と指定してきたのは
Nちゃんのほう。
なのに、どうして私は後回しなんだ。
私としては”ふんっ”という軽い気持ちだった。

きっと彼からは「ごめん、ごめん(>_<)」
というメールが返ってくるものと思っていた。


しかしながら、その推測は
ものの見事に外れた。


「なにもそんな言い方することないんじゃないの?
後回しにしているつもりはないよ。
わかりました。申し訳ないけど、今日はやめましょう。
また別の日に。」



ガ~ン・・・・
やっちまった。


と、思っても、後の祭り。

「Nちゃん・・・せっかく支度していたのに。
Nちゃんこそ、そんな言い方しなくてもいいのに。
ひどいよ・・・
Nちゃんは言葉が足りなさ過ぎる。
嫌味な言葉にいつも嫌味を返していたら
救いがないよ。そんな仕打ちをすることないのに。」

精一杯考えて返信したが、



「仕打ちだと思ってるんだね。そんなつもりはないのに。
でも、誰しもカチンとくることだってあるでしょ。
オレだって、いつも穏やかでいられるほど、
人間出来てないよ。言葉が足りなくてごめんなさい。」

と、来た。



あぁ・・・
腹立たしい気持ちと、やっちまったという後悔と、
色んな感情が入り乱れて、私は布団にもぐった。


仏の顔も三度まで、か。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/541-bb13ac4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック