FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

たけのこが旬を迎えている。
息子たちは小さい時からたけのこが好きなせいか、
いつのころからか、私は毎年この時期になると
たけのこを煮ることが習慣になった。

それまではたけのこなんて、好きでもなかったし、
ましてや料理をするなんてこともなく、
米ぬかをあく抜きに使うことも知らずにいた。

都会で育った私は、当然身近に生のたけのこはない。
けれども、今、いるところは、農産物の直売所に行けば、
朝採りのたけのこが並んでいるし、誰かにもらうこともある。
だから、いつの間にか、料理をする方法も覚えた。

先週、Nちゃんと山あいの里にドライブに行った時
大きなたけのこが売られていた。
そこでは買わずにいたが、息子たちに旬のたけのこを
食べさせたくて、デートの帰り、近所のスーパーで
朝採りのたけのこを買って帰った。

薄味の煮物と、たけのこご飯を作ると、
息子たちはあっという間に平らげた。
私はたけのこを美味しいと感じたことはなかったのに、
その時は「あぁ、春の味がするな」と、その美味しさに
少し感動した。

旬のものはやっぱり美味しいものだ。

その夜、Nちゃんに
「今日、たけのこを煮たよ。春の味がした。」
と、メールを送ると、

「たけのこ買ったんだね」と、彼。
一緒にいた時に、私が買うのを迷っていたから。


「たけのこご飯も作ったんだよ。すごく美味しくできた。
Nちゃんにも食べてもらいたかったな。」

春の味のするたけのこご飯を食べながら、
思ったことを彼に伝えた。
Nちゃんは”おいしい”と言ってくれるだろうか。

「食べたいなぁ~」
彼から、そう返信があったので、
ふと思ったことを返した。

「あ!今度、たけのこご飯の
おにぎり作ってあげよっか?」

「やったぁ!来週の土曜日にお願いします。」

Nちゃんから、日も指定された。


と、なると、さすがにおにぎりだけというわけにも
いかず、ほかに何が食べたいか尋ねると、
”姫ちゃんの卵焼き”と、彼は答えた。




だから、先週は、色々と手筈を整えるのが
大変だった。
せっかくの機会だもの・・・
とは、思うけれど、なかなかこれが、面倒なんだな。

それで、思案した挙句、
・たけのこご飯のおにぎり
・卵焼き
・いんげんの胡麻和え
・豚ヒレ肉の柔らか焼き

に決めた。

豚ヒレ肉は木曜日に購入。
塊のまま、グラニュー糖と塩コショウをまぶし、
キッチンペーパーで覆い、ラップでくるむ。
こうするとしっかりと味がしみ込んで、
お弁当にぴったりのおかずになるのだ。

もう、これ以上ほかに、思いつかず、
また、これが面倒の限界でもあったから・・・
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/529-8b8120f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック