FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

「そっとしておいて」の言葉どおり、
翌日の月曜日はNちゃんから何のアクションもなかった。

私から連絡もしなかった。

そもそも私の不用意な発言のせいだし。
「そっとしておいて」のメールには、

「私が要らぬ一言を発したせい。
Nちゃんが悪いんじゃない。
でも、Nちゃんにとって私が必要か、
必要でないか考えてみて。」
そう付けて送ったのだった。


さぁ、私からアクションを起こすべきか、
どうすべきか。
このまま、静かに終わってしまうのか。
それも仕方がないか…

火曜日の朝、
いつもと同じ時間にメール着信があった。
「姫ちゃん、おはよう(*^_^*)」

そのあまりに何もなさに、彼の優しさを感じた。

その後も、「お昼だよ~」のメール。
夕方には「気を付けて帰るんだよ」と。

「お疲れさま。今から帰ります。」
と、返信すると、しばらくして電話が鳴った。

Nちゃんからだ。

出るのが一瞬ためらわれた。
何と言って出ればいいのだろう…


「姫ちゃん…大好きだよ。姫ちゃんは?」
「大好きだよ。」
「じゃあ、一緒だね!」
「うん…」
「姫ちゃん、ごめんね。」
「でも、何が意地悪か、攻撃的か分かんないんでしょ。」
「うーん…何となく。」
「じゃあ、いい。」
「分かってるよ。ごめんね。」
「ううん…寂しかった。」
「ごめんね。」

そして、ぽつりぽつりと他愛ない会話を交わして、
お互いの溝を埋めた。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/526-ad09d8ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック