FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

もう一年も前のこと。
いつのことだったか忘れてしまったが、
落ち込んだ気分で帰宅をする途中、
たまたま信号待ちをしていた時、
目の前の高架を走りぬける新幹線に
目を奪われた。
「あ!!き、黄色い!!ドクターイエローだ!!」

見慣れた白色ではなく、黄色の新幹線に
一瞬にしてテンションが上がった。
ドクターイエローを見るのは初めてではなかったが、
それでも、何だかラッキーな気がして嬉しかった。

それで、私はすぐにNちゃんにメールした。
「今ね、ドクターイエローを見たんだよ!
すごくない??」


すると、こう返信があった。
「そうなんだ。たいしたことないな。」

細かい文言は忘れてしまったが、
とにかく”たいしたことない”と一蹴されたことは
覚えている。
何だそれ??
私が喜んでいるんだから、
「良かったね」とか、返さないか?
そう思って、抗議したような気がする。

些細なことだけれど、それをすごく覚えていて、
先日のデートの折、
二人で車に乗っている時に、目の前の高架を
新幹線が通過した。
見晴らしがいい場所だったので、つい、私は
「あー新幹線!長い~!」と発すると、
Nちゃんは
「姫ちゃんは、ドクターイエロー見たことある?」
と尋ねてきた。

だから、私はくだんの話をしたのだ。
「”たいしたことない”って言ったんだよ!ひどくない??」
「オレが??まさか?」
「ほんとなの!そう言ったの!!」
「全然覚えてないなぁ~」

「仮に、他の誰かが言ったとして・・・
そんなことを私に言うなんて、ひどいと思わない。」

「・・ひどいヤツだねぇ~。オレじゃないけど。」
「いやいや、オレだから!」
「お姫様に対して、そんなこと言うわけがない」

そんな押し問答をしたのだが、
事実、Nちゃんは”たいしたことない”と
のたまったのだ。



まぁ、別にたいしたことではないが・・・

しかし、男の人って、何故に、こうも
”負けず嫌い”なのだろう。
自分が知らないことや体験していないことについて、
ものすごく張り合ってくる。
「へぇ、すごいね」とか「良かったね」とか
ましてや「うらやましい」なんて、言わないし。
そもそも共感してきやしない。


女性の脳は”共感脳”で、
男性は”解決脳”と言われているからか。
にしても、「良かったね」と共感するぐらい、
お茶の子さいさいなのに・・・


先日、仕事で出逢った男性が言っていた。
「女性に対して、男性は、”運送屋・配送屋”
になれ!って」

つまり、女性が言うことに対して、
「うん、そうや。」
「はい、そうや。」
と、肯定する、共感するということ。

これって、こと、男性と女性の
コミュニケーションにはとても重要なことでは
ないだろうか。


と、いう話もついでに、Nちゃんにした。
「わかった~!これからそうする」と
言ってた割に、全 然、まったく出来ていないけど・・・
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/513-612df7ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック