FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

昨日のデートの帰り道。
本当に些細なことで私は機嫌を損ねた。
このところ、Nちゃんの私に対する扱いが雑で、
そのことがずっとモヤモヤとしていたからだ。

夕闇迫った高速道路を走り帰路につく。
Nちゃんは一日の疲れが出たのか、とても眠そうで、
私なりに気遣いながら、Nちゃんを支えた。(つもりだった。)

その日の空のように、重く、湿って曇った空気を
払拭するために、私はつとめて明るく
「Nちゃん、大好きだよ」と、言葉を発した。

それで、重い空気が軽くなる予定だった。

なのに、彼は こう答えた。
「知ってる。」


本当に些細なことだし、何げなくチョイスした
言葉だろうが、私はとても気に入らない。
だから、以前にも何度も言った。
「『知ってる』って、言わないで!すごく腹立つから。
せめて『ありがとう』じゃない?そうじゃなくて、
『オレもだよ』とか。」


Nちゃんも疲れているのだろうが、私だって疲れた。
なのに、なんで、そんな可愛くない言い方するの?
些細なことだとは分かっている。
些細なことだから、余計に腹が立つ。

「『知ってる』って言っちゃダメ。」
精一杯、抑えてそう言った。

「じゃあ、 ありがとう。」

「何それ?」

「姫ちゃんが『ありがとう』って言えって言うから。」

「何それ?」
運転席と助手席の間で繋いでいた手を振り払った。

「『ありがとう』って言えなんて言ってないし。
それに、そう言えって言ったから言うわけ?」

「違うよ。ありがとう。」
呆れたように、感情のない声でNちゃんは言った。

「もういい!もう言わなくていいし。私も何も言わない。」
振り払った手に再び触れようとした彼の手をさらに大きく振り払って、
私は前を見据えた。

「姫ちゃん・・・」

「なに?」

「口がとんがってるよ。」

これ以上、何かを口に出すと、止まらなくなってしまう気がして、
私はプイッとそっぽを向いた。
助手席側の窓に目をやると、そこには彼の横顔が映る。

10分ほどの沈黙。
窓の外には、夕闇。雨粒がどんどん流れて飛んでいく。

「姫ちゃん・・・缶開けて。開けてくれないかな?」
Nちゃんは唐突にそう言った。

ふと、見ると、さっき買ったばかりの缶コーヒーを差し出された。
そっか、高速を運転しながらプルタブを開けるのはちょっと難しいだろう。

私は黙って、プルタブを開けて渡し、再び、窓の方を向いた。

「姫ちゃん・・・」
私は何も答えなかった。
ただ、窓に映るNちゃんの横顔を見ていた。
Nちゃんは私の膝に手を置き、手を探り当てて、私の手を握った。

最初はそっと、しばらくすると、指と指の間に指をすべり込ませて
ぎゅっと握った。言葉の代わりのように。

さらに10分ほど経った。
あと少しで到着する。
私が腹を立てさえしなければ、楽しい時間が持てたのに。
窓に映るNちゃんの横顔じゃなく、実物の横顔を見ることができるのに。
数十センチ隣にいるのに・・・

私はこんなにNちゃんのことが好きなのに・・・
そう思うと、腹立たしい気持ちがフッと消えた。
私はそっと向きを変 えて、前を向いた。

少しすると、Nちゃんは私が向きを変えたことに気付いて
「寝てなかったの?」と聞いた。

「寝てないよ。窓にNちゃんが映るからずっと見てた。Nちゃんを。」

「知ってるよ。」

「何で?」

「姫ちゃんのことは何でもお見通しだから。」

「何で?」

「大好きだから。」

「何で?」

「愛してるから。」

そう言って、手をぎゅっと握り返した。


些細で他愛もないことだけれど、
腹が立つことだってあるんだよ。ほんとに。
スポンサーサイト



コメント

「〜って言えって言うから…」は
彼さんの本音でしょうね〜。
彼さんがそう受け取ったのは事実だし
相手がどう受け取るかは自由だし
思い通りにはならない。
そこで彼さんの本音を拾えたのはラッキーだと思いますよー。


2015/11/19(木) 23:07:16 | URL | jen #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/20(金) 13:28:52 | | # [ 編集 ]
結さん
こんばんは。
コメントありがとう。

> 「〜って言えって言うから…」は
> 彼さんの本音でしょうね〜。

うん、、、まぁ、本音だと思う。
それに、めんどくさいなぁ~っていうのが、
正直なところだとも思うんですよね。

でも、そんな面倒に付き合ってくれて
ありがたいとも思っています。
2015/11/20(金) 21:48:04 | URL | donna #- [ 編集 ]
鍵コメMさん
こんばんは。コメントありがとう。

> いつもいつも 自分から折れてくれる・・というか
> 何を言っても面倒がらないって凄いことですよね

そうですね。
私は相当頑固で、強情なんですが、
彼は折れますね、すぐ。
「ごめんなさい」がちゃんと言える人だなとも思います。

でもね、、、面倒だと思っているんですよ、きっと。
だって、あんまり私がわぁわぁ言ってると、
「細かいことは気にすんな」ってバッサリやられますから。



> 確かにね。自分は無理だもん^^;

ほんと、自分にはできません。
頭が下がります。
2015/11/20(金) 21:52:17 | URL | donna #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/473-10bdcb5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック