FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

ドタキャンデートは月曜日に無事振り替えられ、
まぁ、それなりに事態は収束した。

でも、私の中では全然収束なんかしておらず、モヤモヤしたまま。

Nちゃんは「愛してる」、「大好きだ」、「一番大事」
そう、私に言うけれど、所詮、私は、その程度・・・


私は、Nちゃんを好きになる方法を間違えたんだ。
私のとらえ方や、私の考え方や、色々が間違っているんだ、と。


連休明けの火曜日。
仕事から帰って、夕飯の片付けを終えた、その時に
「姫ちゃ~ん、大好きだよ」と、メールが届いた。

だから、私はこう返した。
「じゃあ、今すぐキスしに来て。」

すると「ひーめーちゃーん・・・(^_^;)」と当たり障りのない
メールが届いたので、


『やっぱりね、、、所詮、その程度なんだよね。』と、送った。

「今すぐキスしに来て」も、「所詮、、、」も、
何気なく、深い理由もなく、つい送ってみただけなのだけれど、

すぐに、彼からは「分かったよ。今から行きます。」と返ってきた。


焦った・・・
なんか、私が超ワガママみたいじゃないか。(事実か。)

すぐに、「いいよ、言ってみただけだから」と送ると、
電話が鳴って
「姫ちゃーん、どっち?」

「えーっと、、、逢いに来てくれたら嬉しいけど、、、モゴモゴ、、、」

「どこ行けばいい?図書館でいい?」


そして、Nちゃんは高速を二区間走って、私のもとに来た。
「ありがとう、Nちゃん、、、」

「まぁ、所詮、この程度なんでね。」
勝ち誇った顔で、彼が言う。

「それ、ずっと言うんでしょ?」

「所詮、この程度なんでね。」

「もうっ!!」

「まぁ、まぁ、姫ちゃん、あきらめな。
しばらく、ほとぼりが冷めるまでは。」

そう言って、Nちゃんは優しい目で私にキスをした。
「キスしに来たよ。」
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/456-5edf8903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック