FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

Nちゃんと色々なことをメールでやり取りしていた。
愛おしい言葉を交わす。

その途中、ものすごーくいい展開のところで
「ありがとう(T_T)・・・○ちゃん。」と来た。
○とは、私の名前ではない。

スルーしようかと思ったが、やはり気になり
受信メールをそのまま引用して
「○ってだれ?」と返した。

「間違えた、ごめん」とすぐに来たので、

「間違わないよね、普通。これって由々しき事態?」と送った。

「寝転んで入力してたから、漢字の候補にあったみたい。ごめん。」
と、Nちゃん。

その漢字は偏は同じだけれど、読みは全く違う。
どう入力して間違うのだろうか?

「引くわ」と一言返した。

「ほんとに、ごめんって。間違えただけっていってるでしょ。」

「いや、間違えないから。
頭の中の引き出しをちゃんと整理したほうがいいんじゃない?私みたいに。」

「姫ちゃん・・・」

その後もごめんなさいが続いた。
きっと、本当に間違えただけなんだろう。
誰かと間違えたのではなく、単なる入力ミスだと思う。

けどさ、、、

「もう、いいです。別に。
ただ、ガッカリしただけです。」

「本当にすみませんでした。」



そして、さっき届いたメール。
「おやすみなさい、姫ちゃん。さっきは嫌な思いをさせてごめんなさい。
姫ちゃんに信じてもらえなくても、オレには姫ちゃんしかいないし、
姫ちゃんだけを愛してる。さっきはごめんなさい。どうか、嫌わないでください。」



信じてるよ。頼りにしてるよ。
そうメールを返したけれど、
きっと、彼はアワアワして、意気消沈しているんだろうな。

でもさ、驚いたんだよ。
さすがにスルーできなかった。

信じているけれど。
スポンサーサイト



コメント

拍手コメ Mさん

こんばんは。お久しぶりです。
お誘いありがとうございます。
早速お邪魔させていただきました。

色々なことがあったのですね・・・

また、お邪魔させてください。
こちらにも、時々、いらしてくださいね♪
2015/10/05(月) 22:06:12 | URL | donna #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/451-462b93e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック