FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

今、Nちゃんからこんなメールが来た。
「今日、姫ちゃんがオレの鼻水拭いてくれるのがメチャ嬉しかったよ。」


そうそう。
今日、午後からNちゃんとデートをした。
鼻がグズグズしているので「風邪?」と聞くと、
「アレルギー性の鼻炎だと思うんだよね。」と、彼。

今朝早くに、社宅の草刈りがあったそうで、その時に
花粉だかホコリだかをいっぱい吸い込んだからじゃないかなと言う。

鼻水はツルツルと流れて止まらず、苦しそうだ。

公園の中の茶店で向かい合って座り、
ふと、Nちゃんの顔をまじまじと見ると、鼻水が垂れている。

思わず、私は手元のおしぼりをそっと彼の鼻に当てた。

「垂れてた?」
「うん。気付かなかったの?」
「うん。気付かなかった。」
「もうっ、、、」

コーヒーを飲みながら、その後も、
私は何度もNちゃんの鼻水を拭った。


帰り道、ハンドルを握るNちゃんは苦しそうで、
ティッシュを小さくたたんでは、鼻に詰めている。
それがおかしくて、おかしくて。

信号待ち、ふいに私の方を向いて話をしている時、
Nちゃんは大きなくしゃみをした。
とっさにNちゃんは顔を背けたが、私にはミストが・・・
「Nちゃん、、、、ミストが、、、」
「ごめん、ごめん。」




鼻水を拭いたのが嬉しかったという彼にこう返信した。
「目の前で鼻水垂らしてるんだもん。拭くでしょ、普通。」
「なぁーんだ」
「Nちゃんにしかしないよ、もちろん。他の人にはするわけないし。」
「そうなの??」
「当たり前でしょ。Nちゃんが愛おしいから、鼻水も拭くし、
ミストを浴びても平気なんだよ。」

「あ!失礼しました。姫ちゃんの方を向いてクシャミしてごめんなさい。」
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/441-a7f944ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック