FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

そうそう、「硬くなった」で思い出したんだけど。

お昼ご飯中、
「ほんと、りりーさんには必要ないよね。
もっと早くこうならないとね~」
しつこく姫はひろに言っていた。

すると、ひろは小声で言った。
「内緒だよ・・・あのね・・・」

顔を近づけるひろに耳を傾けた。

「僕、さっき薬局で聞いたの。
このお薬を飲んでて、バイアグラとか
そっち方面の薬は飲んでいいんですか?って」

「そしたら?」

「バッチリです!そっち方面も大丈夫です。って。」

「マジで?さっき聞いたの?あそこで?」

病院に一番近い処方箋薬局には、ついさっき
姫も一緒にいったのだ。

「そう。男の薬剤師だったからさぁ。」

「女だったら聞かないの?」

「恥ずかしいじゃん・・・」

「ほんとに聞いたの?」

「ほんとに聞いた。」


ひろは神妙な顔をして答えたけど。
ほんとかなぁ。


どちらにしても、ひろがそういう気持ちになったり
姫と抱き合って眠って反応したり、
そういうことは元気になったという証拠
バロメーターなのかと思うので、やっぱり嬉しい。
変な意味でなくて、ね。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/44-64e6344e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック