FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

「Nちゃん」とだけ送ったメールに
「はぁい」と返ってきた。


「わたしのこと、キライになった?」

「オレは何があっても嫌いにならないよ。嫌いになったのは姫ちゃんのほうでしょ?」

「私も嫌いにならないよ、Nちゃんのこと。」


しばらくして電話が鳴った。
「姫ちゃん…オレは嫌いにならないよ。」

「うん…」

「姫ちゃんはオレを嫌いになったかもしれないけど。」

「ううん。今日、さびしかった。Nちゃんにほっとかれて。」

「フフ っ、ほっといてって言うからでしょ。」

「ほっといてって言っても、ほっとかないでって言ってるでしょ。」

「そうだけど、姫ちゃんがほっといてって言うからオレは
『ほっとかないよ』って言ってるのに、それでも『ほっといて』って言われたらさ、
あぁ、もうこれはほっとくしかないなって思うでしょ。」

「そう言うしかなかったんだもん。」

「でも、オレが『ほっとかないよ』って言ってるんだから、言っちゃダメでしょ。もう言っちゃダメだよ。」

「うーん…じゃあ、言わせるようなことしないでよ。」

「そうだけどさ。意地を張らないの。」

「だっ てさ、Nちゃんちっとも分かってないんだもん・・・」
そして、私はNちゃんの夏休みに対するモヤモヤをぶちまけた。


「Nちゃんは何にも言ってくれない。何にも言ってくれないから、
聞いちゃいけないと思って、何も聞けない。
夏休みなのに。言ってくれたら、私もお休みするのに。何にも言ってくれない。」

「姫ちゃん…ごめんね。オレの言葉が足りなかったね。ごめんね。」

「ほんとに分かった?」

「分かったよ。」
グズグズ言いながらそれから1時間以上、Nちゃんと会話をした。


「ごめんね…」

「何で姫ちゃんが謝るの?」

「ほんとはほっといてほしくないのに、ほっといてって言ったから。」

「いいんだよ。でも、オレが『ほっとかないよ』って言ってるんだから、
そしたらそれ以上は言っちゃダメだよ。姫ちゃんは本当に意地っ張りなんだから。」
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/431-46c2d941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック