FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

時々、夫を殺したくなる。
もちろん、実際にはそうしないが、
「殺したい」という気持ちがフツフツと沸いて、抑えきれなくなる。

普段は全くといってよいほど、関わりを持たない。
関わりを持たないから、衝突することもない。
関心を持っていないから、喧嘩をすることもない。


昨夜、夫が帰ってきた時間を知らない。
いずれにしても相当深い時間だということだけは推察できる。

今朝、リビングに行くと、酒臭さが充満していて、
思わず換気扇を全開にして、窓を開けた。



そして、今。


明日のゴミの日に合わせて、キッチンのシンクの掃除をした。
排水口のカゴを引き上げると、ぬめりととともに独特の臭いがした。
ん、、、、

そして、私は心の中でつぶやいた。
「殺していいですか?」


おそらく、シンクで吐いたのだろう。



過去にも数度あった。

その時は、息子が気を利かせ、私に進言してくれた。
「オヤジが昨日の夜、キッチンに吐いてたぜ。
だから、ママは触らないほうがいいよ。オヤジにやらせろ。」

私を思って、そう言ってくれる息子を頼もしく思った。
私が心底嫌だと思うことを、息子も嫌だと思っていることに安心さえした。





私は、息を止めて、水切りネットを引き上げてポリ袋に入れ、
口を縛って、紙袋に入れてごみ袋に捨てた。
そして、ハイターを撒き散らして、ゴシゴシと洗った。


素手で触ってしまったものだから、何度も何度もハンドソープで
手を洗った。



リビングには夫がいる。

私は刺すような視線でつぶやいた。
「殺していいですか?」
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/396-0cf95f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック