FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

今日、Nちゃんは結婚式に出席していた。
詳細は聞いていないけれど、その話しぶりから同僚と思われる。
スピーチを頼まれているというから、同僚というより部下か、、、

昨夜は原稿を覚えなきゃ、と頑張っていたようだし、
やっぱり責任感の強い人だなぁと感じた。

今朝も途切れ途切れにメールが送られてきたので、
スピーチの準備に余念がなかったのだろう。
お昼過ぎには、こんなメールが届いた。
「今から行ってきます。原稿バッチリ覚えたからスピーチ頑張るぜ!」

そして、ついさっき、
「今、終わったよ~」のメールが来た。

そろそろ終わるかな、Nちゃんからメールが来るかなと思ったら
その瞬間にメール着信があって、びっくりした。
帰宅した後ではなく、終わった直後だったのが嬉しかった。

「お疲れ様でした。上手にできたかな?」と返すと、
すぐ、電話が鳴った。

「うーん、まぁまぁ7割ぐらい、、、、」

自分のスピーチの出来具合をそう評価した。
「ちょっと内容が堅すぎた。もっとつかまないといけなかった、、、、」
反省点をつらつら挙げるNちゃん。

まじめかっ!

「そんな、みんな高いところを求めてないよ。
7割なら上出来じゃない。」
私がそう言っても、

「いや、自分的に全然ダメ。わたくし、反省してる。」

「そんなに??」

カチカチとウィンカーの音が聞こえた。
「車で行ったの?」

「当然。」

「お酒飲まなかったの?」

「だって、スピーチするんだよ。粗相があっちゃいけないでしょ。」

「偉いね~。」

「当り前だよ。」

そうこう話していると、唐突に
「姫、、、愛してるよ。」と、Nちゃんが言った。

だから、
「今ね、Nちゃんからそろそろメールが来るかなって思ったら、メールが来たんだよ。」
と、言うと、

「お見通しだから、さ。」
と彼は答えた。

「さ、お家についた。」
「うん。」お疲れさまでした。ゆっくりしてね。」
「またあとでね。」


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/393-218b6fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック