FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

以前記事にも書いたことがあるが、
私を可愛がってくれるかつてのボスがいる。

このボスが少々面倒で。
はっきりと口説かれたわけではないから、
何とも言えないけれど、折に触れ、そういう態度や言葉を示す。
そのたびに、やんわりやんわりとかわしているのだが、
なかなかどうにもならなくて。

かといって、グイグイくるわけでもなく、、、
だから、正直、ちょっと面倒だ。

ボスは社会的にも地位のある人で、人望も厚い。
仕事もできるし、頼りにもなる。

けれども、恋愛対象にはならない。

ボスはすでに定年退職をし、今は、仕事単位で請け負う
フリーな立場にある。

そのボスにとあるところから仕事の依頼があり、
私は昨日、メールで連絡をした。
徹底したビジネスライクな連絡だ。

「お受けします。私で良ければ。」の短い返事をもらい、
その後、担当者と直接やり取りするようお願いをした。

そして、今日のこと。
「今日、担当から連絡がありました。ありがとう。」
と、ボスからメールがあり、

私は
「良かったです。こちらにいらしたらお声掛けください。
またお会いできること楽しみにしています。」
と、返した。

すると、
「今度は心の通う話をしましょう。」
と、送られてきたので、

私は
「え?私はいつも心を通わせているつもりでしたが、一方通行でしたか?」
と、返した。

(これがいけなかった、、、)

すると、ボスから
「もっと心の通う話をしましょう。心の中に入っていい?」
と、送られてきた。

ムムム、、、、これはいかん、マズイ。


そして、私はNちゃんに尋ねたのだ。

(これもいけなかった、、、)

「もうすでに心を通わせている人がいます、って言えばいいんじゃない?」
と、彼。

「うーん、、、大した意味はないのかな。困ったな。」
と、私が返すと、

「男は自分に都合がいいように解釈するし、勘違いする生き物
だから。姫ちゃんにその気がなければ、曖昧なことはせず、はっきり
言ったほうがいいと思うよ。」
と、長文メールが届いた。

それでも、
「うーん、どうしようかな、、、返事しなきゃいいかな、、、」と
返すと、

「それ以上は、オレには何も言えないよ。」
と彼。



それで、一旦やり取りは終わった。

けれども、明らかに、いつものNちゃんとは違う。
不愉快に思っているんだな、とありありと分かった。


その後のメールも、どこか奥歯に物が挟まったようで、
どうもしっくりこない。



そして、さっきのこと。
あまりにいつもと違うトーンの彼に対して、
「私のことすき?」と、メールをしてみた。

そしたら、
「○○のボスより姫ちゃんのこと好きだよ。」
という返事。

あぁ、、、、、

「ねぇ、それってイヤミ?」

「ぜんぜん。」

「トゲがあるね。」
だから、私は、その後、ボスに返したメールを貼り付けた。

『信頼できる人生の師として、先輩として、
これからも良きアドバイザーでいてくださると幸いです。』


すると、
「そうなんだね。」
と、一言だけのメールが届いたので、
さすがに、ダメだ、これと思って、

「じゃあ、もう何も言わないね。何も言わなきゃ良かったね。」
と、送った。


「どうしてそうなるの?」

だから、私は、曖昧な態度も言葉も取るつもりはないこと、
ベストを尽くしていること、ボスに対しては丁寧な対応をしていること、
隙を作らないために、気を付けていること、
それでも、最善な方法があるかもしれないと、Nちゃんにヘルプを
求めたこと、結果、それが要らぬ心配を招いてしまったことを
彼に伝えた。


しばらくして、
「姫がせっかくオレに助けを求めたのに、短絡的に
ヤキモチを妬いてしまって、ごめんなさい。オレが大人げなかった。
許してください。姫は悪くない、オレが悪いんだ。」

と、神妙なメールが送られてきた、、、、、、、



あぁ、私、やらかしちゃったな。
スポンサーサイト



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/16(木) 13:10:41 | | # [ 編集 ]
Re: やらかしてなんかないよ
鍵コメFさん


こんばんは。励まし(?)ありがとうございます。

> Nさんの言うとおり、単純に男のヤキモチ以外何でもないから。

やっぱ、そうですよね。
これはヤキモチなんですよね、、、



> うちの彼なんてもっと呆れるくらい酷いので。

そ、そうなんですか??
呆れるくらい、ってどんなだろう、、、
それはそれで、大変ですよね。

> Nさんは充分大人だけど、そういう反応してくれて逆にうれしいじゃないですか。

はい、そうですね。
ヤキモチは、好きの裏返しかなと思うので(そればっかじゃない時もあるけど)
少しは嬉しかったです。

それに、基本的にNちゃんは策士ではないので、
「オレが悪かった」と、本当に素直に言える人なんです。
そこは、すごいなぁ、って尊敬できるところです。

> だから姫ちゃんもサラッと対応すればいいと思います(*^_^*)

そうですね。
というより、昨日は、彼が謝罪して、私もごめんね、って言って
そしたら、彼のほうから「はい!もうこの話はおしまい!」
って、言ってきましたから。
私も気まずくなくて、いつもの会話ができました。


> 私の彼の今一番のライバルはお酒です(笑)

アハハ、、、そうなんですね~(≧▽≦)
なかなか手ごわいライバルですね(^^♪
2015/07/16(木) 20:09:12 | URL | donna #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/387-cf0ed548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック