FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

頭の中が混乱していて、心は乱れっぱなしの状態がずっと続いている。
ふとしたことで感傷的になると、途端に涙があふれて止まらなくなる。

自分のことなのに、どうしたらいいのかが分からない。
分からないから、いつまで経っても混乱から抜け出せない。

Nちゃんからメールが来ても返せないし、電話がかかってきても
「うん」、「ううん」、「分かんない」…と、言葉少なに対応するのが精いっぱいだ。

発端は、こないだの週末のこと。
Nちゃんから、土曜日の朝、珍しく電話がかかってきた。
買い物に行く途中とか何とか言ってたっけな。
道程の30分くらい話しただろうか。
「着いた」と、彼が言ったので電話を切った。

それからしばらくメールも何もなく、午後1時になって
「子供たちとイオンに行ってくるね」とメールがあった。

正直、こういうメールはどう反応してよいか分からないし、
無神経だなと感じる。
…なるほど、今日は逢えないのね。
そう、あきらめるしかない。


彼と付き合ってもう半年以上。
デートをする日を前もって約束したことが一度もない。
いや、2、3度はあったかもしれない。
けれど、ほぼいつも、いきなり告げられる。
「今から逢えますか?」、「午後から逢えますか?」と。

だから、いつもバタバタと支度をし、
あるいは、彼からそう言われなければ、ガッカリとした一日を過ごすことになる。
期待をしなきゃいいのだし、彼のことなんかお構いなしに
私が自由に予定を入れれば済む話なのだろうけれど、
やっぱり彼に会いたいし、彼を優先したいという気持ちが捨てられない。

それで、結局、その日のその瞬間になって、ガッカリしたり、
喜んだり、を繰り返してきた。


土日のうち、一日会えればまだいい。
三連休の三日間とも会えなければ、私は三日間続けてガッカリすることになるのだ。

だから、その都度、私はNちゃんにお願いをした。
「予定を聞かせて」、「前もって知らせてほしい」と。

その時は、彼も分かってくれたふうで、「ごめんね。気をつける。」と
謝ってくれる。

でも、それがもう何度も何度も、何度も繰り返されている。


こないだの土曜日はそんなわけで彼とは会えず、
自動的に私は日曜日に期待をした。

日曜日も朝から電話がかかってきた。
これも、今思えば伏線だったのかもしれない。
小一時間は電話で話しただろうか。
「これから散髪に行ってくる」と、彼。
その後、「ただいま」とメールがあったのが11時ごろ。
前日も、そしてその日曜日も「頭が痛い」と彼は言っていた。
「ずっと痛いんだよ。重い感じ。」

昼になり、午後になり、Nちゃんから何の連絡もなかった。
私はイライラし始めた。
「何で、一言、会えないんだ」と連絡してこないのか。


午後1時を過ぎ、2時を過ぎ、ふと、心配になった。
頭が痛いって、、、大丈夫だろうか。
それで、私は「何かありましたか?大丈夫ですか?」とメールを送った。

1時間半ほど経ったころ、
「だいじょうぶだよ、姫ちゃん。今、職場に来ているんだ。」
と、メールがあった。

休日でも、時々、緊急の呼び出しがあるので、それだったんだろう。


それにしてもだ、一報くらい出来はしないか。




そう思っていると、無性に腹が立ち、イライラは爆発寸前だった。


彼はいつも私にこう言う。
「オレは誰よりも姫ちゃんが大事。誰よりも愛してる。
ずっとそばに居るし、姫ちゃんのことを守る。離したりしないよ。ずっと一緒に居よう。」と。


けれども、彼が大事なのはやっぱり家庭なんじゃないか。
いや、ないがしろにしろと言っているんじゃない。
でも、私は?

私だって、Nちゃんを必要としている。Nちゃんが欲しい。
Nちゃんをじっと待っている。

そんな私に、時間を割いてほしいと言っているんじゃない。
待つことしかできない私に、想いを馳せてくれたっていいじゃないか。
大事にされている、愛してくれていると、安心させてくれたっていいじゃないか。


なぜ、それが出来ていないと思わないのだろうか。
なぜ、それを私が苦にしていると思わないのだろうか。



そんなことがあって、日曜日の夜、
私の家庭内でトラブルが発生した。
もう表現しようのない怒りが、私の中に充満して、爆発した。


そして、行き着いたのは
「私の居場所はどこ?」ということ。


ここにも、あそこにも、どこにも私の居場所はない。

Nちゃんからメールは毎日、毎日、届くけれど
ほとんど返信できずにいる。

あまりにツレないかと思って、
「今は、自分の気持ちがうまく話せない。ごめんね。」と送った。


Nちゃんから
「無理しなくていいよ。話せる時に話して。」と、
ニッコリマークの絵文字とともに返ってきて、


やっぱり、全然、通じてないんだな、と思った。

スポンサーサイト



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/25(木) 10:29:50 | | # [ 編集 ]
鍵コメさんへ
鍵コメさん、コメントありがとうございます。
すごく嬉しかったです。

的外れなんかじゃありません。
まさに、その通りです。

コメントを読んで涙が出ちゃいました。


でもね、、、この気持ち、彼には伝えられないんです。
伝えても、理解できないって思うから。
一番伝えたい人に伝えられない、それが苦しいです。

あの記事を書いた後に、彼からのメールに少し返信をしました。
そしたら、長文の返信で、
「鈍感なオレでも少しは姫ちゃんの役に立ちたいと思ってる。
ずっと一緒にいたいという気持ちは変わらないし、
姫ちゃんと同じだよ。辛い思いをさせてゴメン。」
と、ありました。

私の今の苦しさが、少なくとも彼に由来するものだとは
分かってくれたかなと思います。

さぁ、私はこれからどうしましょうか、、、

2015/06/25(木) 16:50:34 | URL | donna #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/27(土) 07:33:55 | | # [ 編集 ]
鍵コメさんへ
鍵コメさん、お返事ありがとう
鍵コメさんの優しさに癒されます。



> 良い人すぎるから、姫さんも好きなんだと解ります。

そうですね、彼はとても良い人だと思います。
まっすぐな人です。
誠実な人だし、真面目な人です。
(とはいっても、世間では婚外恋愛をしている男を
誠実だとは認めませんよね、、、)


> ただ、彼さん、そういうのなら、もう少し譲歩っていうか、
> 姫さんの思うとおりに、お願いする通りに、もう少し行動してくれたらいいのにって思います。

次の記事に書きましたが、私、もう一度お願いしちゃいました。
そうするしか、一緒にいる術がなかったから。
ダメなら諦めればいいことですからね。


> 男は、自分の用意予定が組めたら、女を誘う。
> 女は、急な呼び出しでも、何を犠牲にしても男に逢いに行く。
> そんな構図、平等ではないですよね。

そうですね、平等ではないですよね。
その通りです。でも、男って、じゃあ、無理しなきゃいいじゃないか、
って、いうんですよね。無理してでも会いたいからということに
気が付かないでいるっていうか、、、



> そこのところだけでも、もう少し具体的に何とかして貰えたらいいのになって思いますが。。。


そういうわけで、彼が私のお願いをちゃんと理解したかどうか分かりませんが、
「分かったよ。ちゃんと予定を伝えるから」と、言ってくれたので、
様子を見ることにします。



鍵コメさん、ほんとにありがとうございました。
2015/06/27(土) 20:20:27 | URL | donna #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/362-51c40138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック