FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

…そうは言っても、Nちゃんのことが好きだ。
愛おしくて愛おしくてたまらない。

こんなこと、ずっとは続かないと、自分に言い聞かせてみるけれど、
どうしても期待をしてしまう。
ダメだな、私。


Nちゃんは私を「姫ちゃん」と、ちゃん付けで呼ぶ。

今まで、はずみで呼び捨てにされたことが数度あって、
そのたびにドキッとしていたが、特に何も反応をせずにいた。


数日前、Nちゃんからのメールに
「お疲れさま、気を付けて帰るんだよ○○。」
と、私の名前が呼び捨てにされていた。

思わず、ドキッとして、頬が紅潮した。
ひょっとして間違い?入力ミス?

しばらくして、
「さっき、呼び捨てにされてドキッとした。嬉しかった。
何かの間違いかな?」と、返信をすると。

「愛してるよ、○○。」
と、再び呼び捨てでメールが来た。

私は幼い頃から、名前を呼び捨てにされる習慣があまりなかった。
両親は「ちゃん付け」で、私を呼んだし。
お付き合いしてきた彼も「姫ちゃん」と呼んだ。
ひろも私を呼び捨てにしなかった。

私を呼び捨てにしたのは、兄と夫だけだ。
兄とは、色々あってもう数年来言葉を交わしておらず、断絶状態で、
夫はもう長く私の名を呼ばない。

だから、今、私の名を呼び捨てにする人はいないのだ。


Nちゃんに呼び捨てにされて、とても新鮮で嬉しかった。
突然、所有物になった気さえした。
何を思って、彼が私の名を呼び捨てにしたのか分からないけれど…




だからって、何?って話だけど。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/361-fb637428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック