FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

そんなわけで私の仕事場に来たNちゃん。
パブリックな場ではあったけれど、ちょっとドキドキ。

オフィスを出てNちゃんの車に乗ると、彼が聞いた。
「さ、どこに行こうか?」

「え?何にも考えてないし。考えたくない。」

「姫ちゃん、○○に行ったことある?」

「ないよ。」

「じゃあ、行ってみよう。」

そこは、彼の職場にあるパブリックスペースで、
地元の観光スポットにもなっている。
わたしはもちろん、行ったことがなかった。

「うちのすぐ近くだよ。」
車を走らせながら、Nちゃんが言う。

○○に到着すると、意外にも駐車場は車でいっぱい。
観光バスも止まっている。

「こんなに人がいるんだ!これっていつものこと?」

「そうだね。土日はいつもこんな感じだよ。」

施設の中には家族連れもたくさんいて賑わっている。
人の目を気遣っていると、Nちゃんは私の手を取った。
手をつないで中を進む。

展示物が色々ある中、彼はぽつぽつと説明をする。
マンツーマンのガイドツアーだ。
「興味がない人は面白くないだろうけど。」
Nちゃんは言った。

うん、確かに、全然興味ない(≧▽≦)

でも、普段、彼がいる職場の敷地内だ。
Nちゃんはいつもここにいる。
「あそこをいつも走ってる。」
彼は外を示した。お昼休みにジョギングするコースだ。

「広いね。」

「そうだね。一周10キロ。」

「毎日?これで?」
私は彼の脇腹の贅肉を掴みながら言った。

「一周はたまに。普段は3キロ、、、」

「だよね。」



お互いの職場見学。これでフィフティフィフティ。
それがとても嬉しく、気分上々だった。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/341-e3cf4350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック