FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

Nちゃんと付き合っていく中で、ふと「あれ?ズレているな」と感じることがある。
単なる誤解で、いとも簡単に解消することもあれば、
言葉を尽くして説明してようやく解消することもあれば、
やっぱりズレたまま解消しないこともある。

このズレた感覚は私だけがたぶん感じているようで、
Nちゃんには分からないらしい。

私の感覚がそもそもズレているのだろうか、とも思う。

日曜日のこと。
夕方、電話で話していると、ふと彼が言った。
「明日の支度、何にもしてないよ。」

「明日の支度、、、??」

「ワタクシ、明日から出張してまいります。」

「そうなんだ、、、どこに?」

「○○○○」

「ふーん、、、遠いね。いつまで?」

「木曜日まで。」

「そうなんだ、、、」


もののはずみで、出張することを私に告げた。
それが私にはとても不愉快だった。
仕事のことは分からない。そんなのいちいち報告することは望まない。
けれども、ちゃんと言ってくれたっていいじゃないか。
日常ではないイレギュラーなんだから。

どうしてちゃんと言ってくれないのか、私には全く理解できない。

先月の出張の時は数日前に言ってくれてはいた。
遠くに行くというNちゃんに「遠いね、、、」と言うと、
「遠いかな。メールもできるし、電話だってするよ。」と答えた。

けれども、数日の出張中、メールはそれなりにあったけれども、
電話は一度もなかった。


そして、今日。
「今から出発するよ」とメールがあり、
昼には「到着した」とのメールもあった。

夕方も普通にメールがあり、
「お風呂入ったよ」のメールもずいぶん早い時間にあった。

「夜、電話してね」とお願いしようと思ったけれど、
癪に障るのでやめておいた。やめておいて、正解だった。

ついさっき、
「そろそろ消灯時間だから先に休むね。
姫ちゃんも早めに休むんだよ。おやすみなさい。」
と、メールが届いた。


消灯時間、、、、か。

そりゃ、しょうがない。しょうがないでしょうよ。

けどさ、だったらちゃんと言ってよ。
「あまり遅い時間にメールもできないし、電話も難しい。」と。

どうして、想像力が働かないのか。
電話を、メールを心待ちにする私に想いを馳せることができないのか。


そして、私は、やっぱり思う。
「私とNちゃん、ズレているよな。」って。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/336-4bea4dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック