FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

火曜日も彼からのメールには最小限しか返さなかった。
絵文字もつけないし、「おはよう」、「ありがとう」、「お疲れ様」、
「おやすみ」の一文のみだ。

火曜日の夜、「姫ちゃん・・・」と届いたメールに
返事をしようかどうか迷って「なにかな?」と返した。

すると、「電話してもいいかな?」と送られてきた。
次の一手は電話か・・・

正直、電話で話す気はなかった。
全然気は進まなかったし、話すこともなかったけれど・・・

でも、
こんなふうに私に畳みかけるように何度も何度も
メッセージを伝えてくれる人はいるだろうか。
あきらめずに、こうしてケアをしてくれる人がいるだろうか。
そう思って、「いいよ」と返した。

直後、久しぶりに電話が鳴った。
「姫ちゃん・・・ごめんね。」

「何に対して?」

「全部に対して。電話、イヤって言われるかと思った。」

「うん・・・そう思ったけど・・・」

声のトーンも低く、言葉少なではあったけれど
久しぶりにNちゃんの声を聞いた。


底なし沼のほぼ底辺に居る私が浮上するまでには
至らなかったけれど。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/320-e3eb880f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック