FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

昨夜からずっと、Nちゃんと噛み合わずにいる。

私にとって、重要なことが彼にとってはさほどではなく、
とらえ方の違いが、二人の間に大きな違和感を生む。


だから、
「寂しくさせないで。」と、私が言うと
Nちゃんは
「ごめんなさい。」と言う。


この「ごめんなさい」に、私は全く納得がいかない。
どうして謝るのか。


「寂しくなんかないよ」と、何故言わないのか。


何故他人事のように「ごめんなさい」と言うのか。


「ごめんなさい」の理由が全然わからない。
なのに、Nちゃんは「ごめんなさい」と言う。


そう言われれば言われるほど辛くなる。
謝ってほしいわけじゃないのに。

ごめんなさいと言われると、
仕方がないんだから、まぁ、許してよ、
というようにしか受け取れない。


私が寂しいと言うことに対して、
「ごめんなさい」では、何も解決しないから。

そうじゃないんだよ、Nちゃん。




そのことがどうにも伝わらない。


以心伝心で私がイライラしていることだけが
彼に伝わっている。



今、電話がかかってきた。
歯車はやっぱり噛み合わず、
伝えたいことの1%も伝えられなかった。


「私のこと嫌いになる?」
「ならないよ。」
「嫌いにならなくても、好きじゃなくなるかもしれない?」
「うーん、そうはならないと思う。」

・・・「そうはならないと思う」


「そこは大切なところなのに。」
「まぁ、細かいことは気にするな。」
「気にするよ。もう好きじゃないのかと思ったし。」
「そんなことあるわけないし。電話だってしてるでしょ。」


結局、噛み合わないままオヤスミを言って電話を切った。




「どんなことがあっても姫ちゃんを愛し続けるよ。
どんな姫ちゃんだって全部受け入れるよ。」
ずっと前にそう言ったNちゃんを思い出して髪を乾かしながら泣いた。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/307-eec5e6b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック