FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

今日のこと。

午前中、仕事で郊外に打ち合わせに出かけた。
お昼前に打ち合わせを終え、会社へ戻るべく車を走らせた。
今日は春の陽気で暖かく、車内はエアコンをつけなきゃいけないほど。
ボーっとしてしていたのだろう、、、
途中、曲がるべき道を曲がらず、
あるいは直進すべき道を曲がってしまったのか、
気付けばまるで知らない道を走っていた。

目の前には延々と続く広大な敷地が広がる。

そうか、ここは、、、

そう、ここはNちゃんが勤務する場所だ。
Nちゃんに吸い寄せられるようにたどり着いてしまった。

ナビで確認すると、どうやら一本離れた道を走っている。
しばらく、Nちゃんのことを思いながら敷地周囲を走ってから、
本来の道に戻った。




今、宴会の帰り道だという彼から電話があったので、
そのことを話してみた。

「ボーっとしてたらダメでしょ。危ないよ、姫ちゃん。」

「うん。どうして間違えちゃったのか分かんないんだけどね。
きっとNちゃんの匂いに吸い寄せられたんだと思うよ。」

「そっかぁ。電話してくれれば良かったのに。」



まぁ、電話したところで出ることができるかどうかは分かんないし、
まして、会えるってこともないだろうし、、、

でも、あぁ、Nちゃんはこの中のどこかに居るんだな、、、と
ちょっぴり想いを馳せることができたひと時だった。


「もうお家についたから。」
と、Nちゃんが言って電話を切ったが、ほんの10分、
今日も彼の声を聞くことができた。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/298-4a1b8217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック