FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

Nちゃんと付き合って数か月。
最初の頃は、それはそれはNちゃんの猛攻があった。
「愛してる。」、「大好き。」「ギューしたい。」辟易とするくらいメールが届き、
私は、いちいち返事をしないことも多かった。

私の気持ちが自分に向いていることをNちゃんは確信したのだろう。
そのうち、最初のような猛攻はなくなった。

そのことで、わたしの気持ちは余計にNちゃんに傾いていった。

きっと、彼は変わりなく私を好いてくれているのだろうが、
私の度合いと彼の度合いに差がなくなったことで、
それが私にはどうも、癪に障るような気がする。

私が何故だかこんなにもイライラする理由は、
きっとそれだ。

自分勝手極まりないが、
私の好きを遥かに上回っていてくれないと、嫌なのだ。


けれども、Nちゃんにそんなことは望めるはずもなく、
相も変わらず彼は穏やかに、静かに、愛情表現をする。
決して物足りないわけではないのだけれど、
心許なくて、私を不安にさせる。

私は、十分に愛されているのだろうか。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/291-42b3354a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック