FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

Nちゃんは楽天的でマイペースな人だ。
私の気持ちは説明に説明を重ねないと理解できないでいる。

だから二人の間にはズレのようなものが横たわっている。

「姫ちゃん、どこに行こうか?」
そう言われても、、、返答に困る。

行きたいところはたくさんある。
けれども、限りある時間のことを思うと、何も言えない。
すると、彼は
「何だ、、、姫ちゃん行きたいところあるのかなと思ってたのに。」

結局、その日は当てもなく車を走らせ、ラブホに行った。
帰りに、Nちゃんは
「こういうのばかりでもね、、、どこかに出掛けたりしたくない?
バランスって言うか、、、」
そう言いながら、ハンドルを握った。


その夜、彼からは
「今日も姫ちゃんにいっぱい愛してるって言えて良かった。」
と、メールが届いた。

「私も嬉しかったよ。」
と返した後に、「でもね、、、」と加え、
「私とNちゃんの間にはズレのようなものがあると思う。」
と、送った。

「困ったね。ズレを直さなきゃね。と、彼。

だから、思ったことを正直に綴った。
「例えばね、今日、『どこに行きたい』と、聞いてきたけれど、
どれだけの時間が私に与えられるのか分からない、何の材料もなく
答えることなんてできないよ。たくさん行きたいところはあるんだよ。
けど、近場で行きたいところなんて限りがあるでしょ。
それを『何だ、行きたいところないの?』って言われる、
この切なさがNちゃんに分かりますか?」

しばらくして、「以後気を付けます。迷惑かけちゃったね。」の返信。

「私の気持ち、理解できたのかな?
私は思い通りにしたいわけじゃないんだよ。
でも、Nちゃんがどうしたいのか、何をしたいのかが見えないし、読めない。
そんなNちゃんを、私はマイペースな人だなと思うし、
私の意図を汲むことのできない都合のいい人だよなと思います。」
と送った。


「姫ちゃんの意図を汲むことができないオレでごめん。
姫ちゃんに嫌われたら困るから頑張る。」と、彼。

「嫌わないけどさ、、、
嫌わないけれども、こういうのが続くと、そのうち我慢して、諦めて、
そして何も言えなく(言わなく)なるんだろうなって、思います。」と、返した。

「それは、嫌いになるってことだよね、、、」と、彼。


そうか、たしかに。
我慢して、諦めて、何も言わなくなるのは、嫌いになるのと同じこと。

だから、
「そうだね。そうならないように、私は私なりに一生懸命
私の気持ちを伝える努力をするし、テストもするし、宿題も出すし、
追試もするよ。」と、送った。

Nちゃんは、素直な人なので、
「ありがとう、姫ちゃん。嬉しいよ。頑張るよ。」
と、返ってきた。



うーん、、、、
このズレ、どうにもなりそうにない。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/283-3649e64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック