FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

私はイベントごとがあまり好きではない。
生来の天邪鬼な性格のせいで、皆がこぞってやる
クリスマスやバレンタインデーのようなイベントが苦手なのだ。

今日はバレンタインデー。
彼は私と違って、とても真っ直ぐな人なので、
何となく待っているかもしれないなと思って、
この日が来るのを、私は居心地悪く感じていた。

そして、思い切って、木曜日に私の好きなチョコレートを買い、
帰宅してから特別なカードを用意した。
数年前にプロのカメラマンに撮ってもらったヌード写真に
少しの言葉を添えたものだ。


バレンタインデー前日の昨日、金曜日、
きっと「今から会える?」と連絡があるような気がして待っていた。

、、、のに、仕事上のトラブルで彼は終業が遅くなり、
結局、会えなかった。

けれど、私の気持ちだけはどうしても伝えておきたくて、
「チョコあげる。」とメールをした。
加えて、彼を試すように
「本当は今日、渡したかったんだ。けど、いつでもいいから。
今度会えた時に。」と送った。

私は、最大限に伝えたつもりでいたし、
喜んでくれるはずだと、タカをくくっていた。


そして、今日。
まぁ、全く無反応だった。
悲しくて、ガッカリして、怒れる昼下がりを過ごし、
ネガティブな気持ちをセルフケアした。

午後5時を過ぎたころ
「姫ちゃん、姫ちゃん❤」と暢気なメールが届いたので、
私が如何にガッカリして悲しかったかを長文のメールにしたためた。
「私にとっては特別なことで、昨日、いつでもいいと言ったけれど、
それは私なりの遠慮であって、私に対する気持ちがあるなら、
受け取りたいと自然に思うものだと思っていた・・・」という趣旨のメールだ。


すぐに「姫ちゃん!今日はまだ終わってないよ。これから時間ある?」
と、返信があり、、、、

ようやく無事に私の曲がりなりにもバレンタインデーが終わった。

「本当に申し訳ありません。」
頭を下げる彼に、
「申し訳は、今からゆっくり聞くから。」
と、答えた。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/273-d7f137d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック