FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

仕事帰りに、思い立ってお部屋に向かった。
つい数日前まで普通に「帰宅」する道をたどって。

ひろに宛てた手紙にはっきりと「部屋を引き払う」とは
書かなかったけれど、綺麗に片付けるからあとは
よろしくお願いしますと書いておいた。

(ちゃんと意図を汲んでくれただろうか、
無駄な家賃を払わないで済むように処理してくれた
だろうか、、、)

そんなことを思って、確認をしに行ったのだ。

お部屋にはハロゲンヒーター、テレビ、テレビ台、冷蔵庫、ベッド、
それからひろのちょっとした荷物を紙袋に入れたものを残しておいた。

ゴミ出しのタイミングが合わずに捨てられなかった空きビンと
壊れた電気ストーブには、
「面倒をかけますが、捨ててください」の簡単なメモを貼り付けて。

もっと気が利いたメッセージを残そうかとも思ったが、
もう十分、私の意志は伝わっているだろうからやめた。


お部屋はデジタルロックで、ひろと私にしか通じない言葉を
数字で表した暗証番号にしてあった。
・・・まだ開くだろうか、、、

数字を入力するとロックが解除されドアは開いた。

部屋の真ん中に残しておいた一塊のものは
綺麗になくなって、代わりに、キッチンには
ひろのお店で使うおしぼりが一つ置いてあった。

掃除に必要だろうと持ってきたのだろう。

ポツンと置かれたおしぼり一つ。
それを確認して胸が詰まった。


ひろに何かしらのメールをしたい気持ちになったけれど、
ダメダメと頭を振って部屋を後にした。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/233-34bf0953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック