FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

今日は仕事をお休みにして、お部屋の片付けをしている。
片付けといっても、普段の掃除とは違う。

必要なもの、そうでないもの。
持って行くもの、処分するもの、ひろに委ねるもの。
それらを一つ一つ確認しながら片付けを進める。

ひろがこのお部屋を契約してくれたのが、三年ほど前のこと。
私が家を飛び出して仮暮らしをしていたのがこの半年。
ひろと過ごすためだけに当初あったのはベッド、冷蔵庫、小さなサイドテーブル、
窓には遮光のカーテンと、キラキラするカッティングドロップビーズ照明器具。
それが、少しずつ、タオルが増え、雑貨が増え、掃除道具が置かれるようになった。
「君が寂しくないように」とテレビも後から買ってくれたんだ。

この半年は、私の当面の生活用品をドッと運び込んだ。
洋服や靴、バッグがほとんどを占めているけれど。

トイレに置いてあった生理用品、芳香剤を全部取り出し、
ピカピカに磨いた。トイレットペーパーが一巻きあればもう十分だろう。
化粧道具もバニティケースに全部仕舞った。
クローゼットの中の洋服は何度かに分けて運び出そう。
バスルームは今夜か明日に。

今から、冷蔵庫の中を片付けよう。



今朝、手紙を投函した。
昨夜ひろに書いたものだ。朝起きて、すぐに郵便局へ向かった。後戻りしないように。


なのに、片付けをしながら、ひろのことばかり思っている。
「お昼ご飯食べた?一緒に食べよっか。」
明るく電話してしまいたい衝動にかられた。
センチメンタルな気持ちでというより、片付けが進んで心が少し軽くなったから、
なのかな、、、と思う。

けれど、踏みとどまって、ここに書くことで気持ちを収めている。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/230-f893839e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック