FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

ひろと姫にとって、今、セックスはリハビリのようなもの。

以前のようにうまくいく(どちらかが、あるいは二人が満足すること)ことは
なかなか難しい。

その気になって、いざ「しよう」となっても、
できる状態にならないことが多いし、姫がやる気満々でも、
ひろに全くその気がないこともある。

姫もその気で、ひろもその気で、全てが整って
挿入したものの、ほんの数分で「アレ?」っと思うことも多い。


バイアグラがなくても、十分、コトに及ぶことができる時もあるし
やる気満々で、バイアグラを飲んでも、効果がない時もある。
そんな時は、なおさらひろを落胆させる。

先日の土曜日がそうだった。
朝から、ひろは「やりたい」モード全開だった。
なのに、昼食後、お部屋に着くなり、ひろの体調は急降下。
それどころではなくなった。

しばらくして体調が落ち着いたひろは満面の笑みで
バイアグラを服用した。「15分待ってね!」と。


けれども、それは全く反応することがなかった。全く。
バイアグラは満腹時には効果が半減するらしい。
そのせいもあるだろう。
結局、その日は、ほんの一瞬挿入するだけで終わった。


昨日の日曜日、お昼前からひろとお部屋で過ごした。
前日の反省から、ひろは食事を摂らず、バイアグラを飲んだ。
「今日は出来るかな・・・」

「いいよ、無理しなくて。出来なくてもいいから。」

「だって、僕がしたいんだもん。君を抱きたいんだ。」

ベッドの中で裸になり抱き合いじゃれ合った。

「ほら・・・こんなになったじゃないか。」
ひろが姫の手を取って導いた。
硬く熱く力がみなぎっている。
ひさしぶりのちゃんとした「セックス」だ。


「すごく久しぶりだよ・・・」

「気持ちいい?」

体位を変えても、抜け落ちることはない。
硬い芯を姫は体の中心で感じた。
何度も何度も快感の波が押し寄せて、ひろが姫の中で果てた。
滅多に射精することがないひろが、しかも正常位で。

「出ちゃったよ・・・」

「このまま・・・このままじっとしていて。」
つながったままひろを抱きしめた。

シャワーを浴びながら、姫は言った。
「今のは昨日の分だよね?まさか、もう終わりにしようって言うんじゃないよね?
今日の分はまだまだこれからだよね?」

「当たり前じゃないか~。『君が、もうやめて!壊れちゃう』って
言うまでやるよ。」
ひろが真顔で冗談を言った。

目的が達成できたので、お昼ごはんを食べに行き
ひろの用事に付き合って、再びお部屋に戻ってきた。

「さぁ、今日の分!」
姫がそう言って、ひろに絡みつくと、しばらくして
驚いたことに、ひろが反応した。
「僕、射精したのに・・・」
ひろ自身も驚いている。

「良かったね~」

そして『今日の分』をした。




夕方、ひろをお店に送り届ける途中、ひろがつぶやいた。
「良かった。借金返せて。」

「何の?」

「セックスの。」

「アハハ!そういうこと!」

「うん。昨日の分を返せた。明日の分まですりゃあ良かったな。」
ひろが笑った。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/201-581a6bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック