FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

仕事が忙しくキリキリしているのに加えて、事件が起こった。
もう二度とあるはずがないと思っていたひろの発作があったのだ。

先日の日曜日はひろのお店に早い時間から宴会の予約が
入っていたのもあって、久しぶりに丸一日を会わずに過ごした。
よほど忙しかったからなのか、夜になっても電話すらなく月曜日を迎えた。

姫は仕事モードのまま、ランチをするためにひろと落ち合った。
気が立っているからか、色々なことが気に障った。
ひろは見るからに疲れた表情で目は充血し、おまけに鼻声だった。

「何で鼻声?」ぶっきらぼうに聞いてみた。

「そう?寝てないからだよ。」

「風邪だね。病院だ。」

「違うよ。僕、分かるから。」

「何が?」

「風邪じゃないって。」

「そう言いながら、前にも同じことがあって
病院に行くよう言ったのに、行かずに、結局、
どうしようもなくなって病院に駆け込んだでしょ?」

「そうだっけ?」

数か月前のことだ。
同じように、姫はひろの鼻声を指摘した。
なのに頑として聞き入れず、症状はとてつもなく悪化して
病院に連れて行ったのだ。
そしてひろは「ありがとう。君には感謝してる。これからちゃんと言うこと聞く。」
そう言った。


「覚えてないの?」

「覚えてない。それに僕、薬飲んでるから。」

「だから?」

「風邪ひかない。」

「風邪薬じゃないでしょ。お腹の薬なんだから関係ないし。
先生にそう言ったら笑われたでしょ?覚えてないの?」

「覚えてない。」

「馬鹿なんじゃないの?」

「薬のせいだ。」

「何でも薬のせいにしないで。」

「とにかく、僕は風邪じゃないし病院には行かない。
これ以上薬飲みたくないし、今日はめちゃくちゃ忙しい。」

「ほんと、馬鹿だ。」

「何でそうなるの?」

「もういい。もう知らない。」

「もうご飯食べるのやめよう。こんなんじゃ楽しくないし。」

「勝手にすればいいじゃん!!!もう何も言わないし、
もう知らない。ひろの好きにすればいいよ!!!」
姫はクルリと背を向けてオフィスへと引き返した。
ひろは何かを言っていたが。


何でこうなるの?だと?
それは姫のセリフだ。
何でこうなるの?どうして?


怒りで体が震え、でも、必死で仕事をこなした。
腹立たしかったけれど、今までとは違う感覚もあった。
ものすごく冷めた気持ちでもあったのだ。
これが最後のチャンスだと、自分に言い聞かせて、ひろに電話した。

「怒ってるの?」

「僕ね、病院行くよ。3時から。もう診察券用意した。」

「ふーん。」

「ちゃんと行くからね。」

「ごめんなさい、じゃないの?」

「はい、ごめんなさい。ほんと申し訳ない。」

「仕事めちゃくちゃ忙しいし、すごく怒ってるけど
連れてってあげようか?」

「そうしてくれると嬉しいけど・・・」

「じゃあ、行くよ。待ってて。」



そして、姫は性懲りもなくひろを迎えに行った。
氷のように冷え切った気持ちを抱えたままだったけれど。



「すごく怒ってるから。」

「分かってる。ごめんなさい。」

「もう次はないから。最後だから。」

「それも分かってる。」

「すごく冷めてるから。」

「それも理解している。あの後、何であんなこと言ったんだろうって
めちゃくちゃ後悔してる。もうこれ以上こんなことしたら君は去る。
次はグッド・バイだ、って。そう思ってる。」

スポンサーサイト



コメント

真剣なやりとりなんだけど
「ばかなんじゃないの?」に
思わず爆笑しちゃった。
息子によく言う台詞だから(笑)

年齢差関係なく
面倒見始めると男女は母子になっちゃうねえ。
2013/10/04(金) 14:40:33 | URL | jen #- [ 編集 ]
jenさんへ
こんばんは。


> 真剣なやりとりなんだけど
> 「ばかなんじゃないの?」に
> 思わず爆笑しちゃった。
> 息子によく言う台詞だから(笑)


アハハ・・・うちも一緒だ。
息子にも、ひろにもよく言います。
だって、ほんとにバカなんだもん。

> 年齢差関係なく
> 面倒見始めると男女は母子になっちゃうねえ。

なるほど・・・そうだね。
それがいいのか悪いのかわかんないけど。
2013/10/05(土) 23:17:36 | URL | donna #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/191-ea22bc05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック