FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

平日はお互いに予定がない限り毎日一緒にランチする。

姫のオフィスは駅前にあるので、ひろは駅までバスで来るか
テクテクと徒歩でやってくる。
徒歩といっても10分もかからないが。

大抵は、駅のバスターミナル地下で待ち合わせをし、
駅周辺のデパートかショッピングモールのレストラン、
あるいはホテルのレストランに向かう。
オフィス周辺の小さなお店だと、同僚や取引先と
会う確率がグンと高くなる。

それを避けるために、毎日、姫もテクテクと歩く。

いつもなら、正午前、早くても11時半ごろ
ひろから電話が入る。

「お腹空いた。早い時間がいい?遅い時間がいい?」
とか「今、銀行。もう出られる?」と。

その電話に合わせて姫はササッとオフィスを出て
ひろの元に向かう。
毎日、そんなひろからの電話を待ち、仕事を調整する。


今日、午前11時過ぎメール着信。
珍しくひろからだった。
『バスに乗りました。』

びっくりした。
突然、そんなメールが入ったのは初めてのこと。
姫の予定を聞かずに、こちらに向かうなんて。
何かあったのだろうか、それとも用事のついでか。

いつものようにバスターミナルの地下で落ち合い
少し離れたショッピングモールへ歩いた。
今日はひろの希望でフレッシュネスバーガーでランチだ。

テーブルにつくと、ひろが言った。
「僕、君に会いたくて会いたくて。待てなかったんだ。」

「どうしたの?本当に?」

「本当。会いたくて会いたくて。」

「本当だとしたら嬉しい。ありがとう。」


会いたくて会いたくて・・・
姫がひろに言ったことは何度もある。
けれども、ひろが姫にそう言ったのは初めてだ。

どんな心境の変化があったのか分からないが
本当だとしたら嬉しい。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/170-80dcdf2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック