FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

『案ずるより産むが易し』
何かにつけ、そう実感することが多い。

特に仕事で、何日もあるいは何週間も
手をつけねばと思いながら、その煩わしさで
頭だけを悩ませていることが良くある。

やるべきことが順序立てて思い描ければ
すぐにでも取り掛かることができるのだけれど、
経験したことがないジャンルのことであれば
それはなかなか難しい。

期限が迫っていることで、お尻に否応なしに火がつけられ
どうにかこうにか手を付け始めると・・・
結果、うまくいかないことは、まずない。

大体はその仕事の最初の一割が整えば
あれよあれよという間に一気に仕上がる。

そして、そのたびに
やっぱり『案ずるより産むが易し』だな、と
ほっと胸をなでおろす。

だったら、もっと早く手を付けておけば
長い時間、頭を悩ませることもなかったのに、と後悔するのだ。

今週も仕事でそんなことを思った。


少し系統は違うが、今日の出来事。

先日「花火」の記事を書いたが、その後も
事あるごとに一瞬一瞬の重みを思った。

今日、夕食を子供たちに食べさせながら、ふと言った。
「ねぇ、ねぇ、花火する?・・・しないか・・・」

すると、驚いたことに二人の息子はこう答えた。
「いいよ。するか、するか!」

これで話は終わった。
子供たちの意外な反応だけが収穫だった。
二人の息子は既にどちらもとうに見上げるほどの背丈で
母親と遊ぶという習慣はすっかりなくなっている。

その後、まったく別の買い物で近くのショッピングモールに出掛けた。
大型書店で本を買って帰ろうとすると、
「ママ、花火あるよ」と次男。
何故か花火セットが売られていた。

「買うか。やろうぜ。」と長男。


帰宅して、誕生日ケーキ用ろうそくを次男が探し出し
バケツに水を汲み、庭に出て花火をした。
「すげぇ久しぶり。」
興奮気味な息子二人。
「ダブルスパークだ。コレ結構かっこいい。」
両手に花火を持った長男が笑う。


あっという間に花火はなくなって
子供たちはそれぞれの部屋に戻っていく。

一人後片付けをしながら思った。


何もしないで考えるだけじゃダメだ。
行動しないといけないんだ。


『最後の花火』が今日、更新された。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/160-a681f72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック