FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

昨日、昼下がりの数時間を過ごした時のこと。

先日の診察で薬を変えてもらったせいで、
体がその薬に慣れないせいか、ひろは絶不調だ。
体もメンタルもどちらも優れず、弱気なことばかり言う。

加えて、うつ気味だからか、姫といる時間の
大半をひろは眠る。

昨日も食事をしたくないというひろに付き合って
姫も食事を取らず、そのままお部屋に向かった。
テレビをつけたかと思うと、ベッドに横になり
姫には見向きもせずにそのうち眠ってしまっていた。

そんなふうだから、セックスどころじゃない。
そればかりか姫に触れることもない。
切ない気持ちを抱えながら、姫は一人懸命に
「病気のせいなんだから・・・」と言い聞かせる。

昨日は午後3時に歯医者の予約をしていたひろ。
「2時までにお店に送って」と言われた通り
2時前にひろを起こした。
急いで服を着ようとするひろにハグをせがんだけれど
「間に合わない。もう行かなきゃ。」と
ほんの少し肩を抱かれただけで済まされた。

またしてもやり切れない気持ちを飲み込んで
ひろをお店に送り届けた。

「沈んだ顔をしないで。下を向かない!」
ひろにはっぱをかけた。

「うん。」

「下を向くとどんどん沈むから、上を向いてごらん。
そうそう、そのほうが可愛いし!」

ひろは姫の言葉に従って、キョロンと上目づかいをした。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/150-478550f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック