FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

木曜日はひろの診察の日。
今回は二人でお部屋を出て、二人でお部屋に戻った。


ひろより少し早く起きてシャワーを浴び、7時20分を過ぎて
ひろを起こした。
8時を少し過ぎてお部屋を出て病院に向かう。

このところひろは元気がない。

体調が落ち着かないだけでなく、この暑さで体力が消耗している。
前日の水曜日は、ひろも姫もせっかく丸一日お休みだったのに
ひろは「寝ていたい」と、ずっーっと眠っていた。
寝かせてあげたい気持ちと、貴重な時間を無駄にしたくない気持ちが
交錯して、イライラした姫はひろの腕や肩を噛んだ。

「君はどうしたいの?」

「ひろと楽しいことがしたいの!」

「じゃあ出掛けよう・・・」

あからさまに仕方がないという風に着替えようとするひろを制した。

「ひろがしたくないことはしたくない!」

「君に付き合うよ。」

「それじゃいや!ひろがしたいことをする。」

「僕が何をしたいって、今は寝ていたい。」

そう答えたひろにまた噛みついて、姫は泣きながら眠った。


・・・それが診察の前日の水曜日の出来事。




「昨日はいっぱい噛んでごめんなさい。もうしません。
怒ってる?」

「怒ってないよ。それより、君の貴重な時間を潰してごめん。」

いつもの診察に加えて、手術から半年が経過したということで
CTを撮ることになったので、午前中一杯を費やした。

「いいの。姫はひろのそばに居たいから。」

「ありがとう。」

「姫が病気になったら病院に付き添ってくれる?」

「もちろん!僕はちゃんとご恩は返しますよ。」

「『恩』があるからだけ?」

「愛があるからに決まってるだろ!」



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/149-825ecdcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック